So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

桜の咲く吉田城へ(続日本100名城) [東海]

4月6日、続日本100名城が発表されたちょうど日、その続日本100名城の1つに選定された吉田城に行って
きました。

この地には当初、永正2年(1505年)に、今川氏親の命により、牧野古白が現在の豊城神社のある金柑丸のあたりに
築城しました。
その後はたびたび、城主が変わりましたが、天正18年(1590年)に池田輝政が城主となると、城下町を含めて
大改修に着手
しました。ただし、完成する前に、輝政が関ヶ原の合戦の翌年慶長6年(1601年)に姫路に転封になり、それ以降は
小大名が藩主だったため、未完成のまま明治時代を迎えることになります。

現在では、二の丸と三の丸の西側部分は小学校や市役所、南側や東側は公園や美術館となっていますが、本丸と
豊川沿いの部分は石垣や堀、土塁など、旧状がよく残っていて、本丸の西北には復興された鉄櫓があります。
IMG_0459(1).JPG

続きを読む


nice!(47)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

(日本100名城)長篠城へ [東海]

掛川城のあとは、愛知県新城市にある長篠城へ行ってきました。現存する建物はなく、遺構が多いとは言えま
せんが、日本100名城の一つでもあり、また、誰もが知ってる長篠の戦いの前哨戦として、武田軍と織田・徳川
連合軍との間で激しい攻防があった場所でもあり、一度行ってみたかったんです。

長篠城は永正5年(1508年)、菅沼元成が築きました。菅沼氏は元亀2年(1571年)、武田氏の支配下に入りますが、
元亀4年(1573年)、武田信玄が死亡した直後の間隙をついて、徳川家康が長篠城を奪取し、奥平信昌が城主となります。
そして、武田軍の反攻に備えて大改築しましたが、天正3年(1575年)に武田勝頼に攻められ落城寸前に至りました。
結局、織田・徳川連合軍が長篠の戦いに勝ちましたが、損傷がひどく、天正4年に廃城となりました。
IMG_0391(1).JPG

続きを読む


nice!(49)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

桜の咲く掛川城へ(日本100名城) [東海]

 4月5日、大井川鉄道を撮った後、掛川市にある掛川城への向かいました。

 掛川城は、元々は、今川氏の重臣朝比奈泰凞によって築かれました。その後、徳川家康の重臣石川家成が城主
となり、豊臣秀吉の全国平定後によって家康が関東に移された後は、山内一豊が城主となります。この山内一豊
が、掛川城を近世城郭へ大改築。城下町全体を堀で囲み、本丸に三重天守を建てるなどしました。
一豊が関ヶ原の合戦後に高知に転封となって以降は、家康の異父弟の松平定勝や、本多氏、井伊氏、太田道灌の
子孫の太田氏など譜代大名城主となり、維新を迎えます。
 
 現在、掛川城には、二の丸御殿、太鼓櫓、大手番所のほか、近隣の寺に移築された蕗の門や台所御門などが
現存するほか、天守閣、大手門、四足門などが復元されています。下の写真は、平成7年に復元された大手門です。
本来の位置は復元された場所から50メートルほど南にあったそうです。
IMG_0332(1).JPG

続きを読む


nice!(60)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

大井川鉄道と飯田線 [鉄道]

 先週の5日から8日にかけて、3泊4日で静岡、愛知、岐阜、滋賀、三重と旅をしてきました。

 そもそも、なんでこんな時期に休みかと言うと、実は自分は長年、とある銀行に勤務していたのですが、
金融機関にお勤めの方などはよくご存知のとおり、50歳を過ぎると、順次、関連会社やお取引先などに出向
となり、そのままそこに転職することになります。それで、自分の場合は、先月末をもって銀行を離れ、
今月から関連の会社に移ることになったのですが、その間に、ちょっとしたご褒美なのか、うちの銀行では、
通常は出向の前に2週間程度の休みを頂けるんです。ただし、いつ出向の発令が出るのか、事前には分からない
ため、いきなり、4月4日から16日まで休みになったんです。となると、家族は学校やパートでいませんし、
とはいえ、ずっと家にいても退屈なので、とりあえず、4日間、のんびり(でもなかったですけど)、一人旅
楽しんできた、というわけです。

 今回の一人旅では、愛車に乗って5日の朝6時に埼玉県蕨市にある自宅を出てから、8日の19時過ぎに自宅に
戻るまでに、走行距離は約1,200km。日本100名城の7城を含めて、お城を12か所と、そのお城にあった門などが
移築されている寺や神社14か所を訪ね、それと、少しだけ撮り鉄をしてきました。

 そういうわけで、当面(2か月くらいかかるかなぁ)は、他人からしたら面白くもない、私の旅行記が続き
ますが、お城の多くは桜が見頃だったりしましたので、来年のお花見の場所の参考にでもなれば、幸いです。

 前置きが長すぎました。4月5日、最初の目的地は、初めて見る大井川鉄道です。場所は、この時期の撮影
スポットとして有名な家山川橋梁。桜はまだ、2~3分咲きでしたが、多くの方がカメラを手に集まって
ました。下の写真は、上りの普通列車を後追いで。こちらの車両は、いうまでもなく、元近鉄特急16000系です。
大井川鉄道と言えば、SL、かもしれませんが、この元近鉄特急の車両も見たかったんですよね。 
IMG_0317(1).JPG

続きを読む


nice!(52)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

(日本100名城)新発田城へ [甲信越]

3月25日、SL村上ひな街道号などを新発田市内で撮った後、同じ市内にある、日本100名城の
一つ、新発田城に行ってきました。

新発田城は、元々、新発田氏が本拠とし、上杉景勝によって天正15年(1587年)に落城した旧新発田
城跡に、豊臣秀吉の命により慶長3年(1598年)入封した溝口秀勝によって築かれました。ただし、
完成したのは、秀勝の入封から56年後の承應3年(1654年年)、3代宣直のときでした。

新発田藩はこのまま、溝口氏が藩主のまま幕末を迎えることになるのですが、秀吉の時代に入封、
築城し、そのまま転封や廃絶されることなく幕末を迎えたというのは、外様大名としては比較的
レアなケースではないでしょうか。

城内には、櫓が11棟、主な門が5棟ありましたが、大半が取り壊され、堀も大部分が埋め立てられ
ました。現在残っているのは、表門と旧二の丸隅櫓、本丸石垣と内堀の約半分、旧土橋門付近の
土居のみです。
IMG_0308(1).JPG

続きを読む


nice!(53)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

(日本100名城)大洲城へ [四国]

3月4日に行った愛媛の城巡りの最後は大洲城です。

大洲城は元弘元年(1331年)頃に、宇都宮豊房によって築かれた城で、秀吉による四国平定後は
戸田勝隆、藤堂高虎、脇坂安治、加藤貞泰と城主が入れ替わり、その後加藤氏のまま維新を迎え
ます。

天守は明治21年に取り壊されてしまいましたが、4棟の櫓が今も残っています。また、天守も、
平成16年に木造で復元され、台所櫓、高欄櫓とともに、美しい姿の「連結式天守」を見ること
ができるようになりました。
IMG_0177(1).JPG

続きを読む


nice!(55)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

(日本100名城)宇和島城へ [四国]

今回ご紹介するのは、(間があいてしまいましたが)3月4日に、松山城に続いて訪れた宇和島
です。
宇和島城は、築城の名人藤堂高虎が慶長元年(1596年)から6年間かけて築いた平山城で、その後
富田氏を経て慶長19年(1614年)に伊達政宗の長男の伊達秀宗が入封。2代藩主の宗利が寛文2年
(1662年)から寛文11年にかけて改修しました。
宇和島城には、寛文6年(1666年)に建てられた天守が現存していますが、櫓や城門は大半が明治期
になって解体され、残っていた大手門も太平洋戦争の際の空襲により焼失してしまいました。
現在は、天守のほか、南登城口から天守に至るまでに7つあった門うちのの1つ、上り立ち門と、
家老屋敷の残っていたものを三之丸跡に移築した桑折氏武家長屋門が当時の建築物として残って
います。


こちらが、三丸側の登城口にある桑折氏武家長屋門です。家老桑折家屋敷地に残されていたもの
を、昭和27年に現在の位置に移築したものです。
IMG_0119(1).JPG

続きを読む


nice!(50)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「SL村上ひな街道号」を見てきました!! [鉄道]

新潟県村上市でのイベント「町屋の人形さま巡り」に合わせて、毎年、この時期の土日の2日間
だけ運転される「SL村上ひな街道号」を、今日、急に思い立って、初めて見てきました。

元々は、暖かくなったら日本100名城の1つである新発田城を見に行こうと考えていたところ、
この週末は新潟~新発田~村上をSLが走ると知り、今日(3月25日)、あわてて行ってきた
んです。
ということで、撮影は、有名な場所には行かず、新発田駅から歩いて行ける範囲と
いうとこで、白新線の西新発田駅から新発田駅に向かう直線付近にしました。
その写真がこちらです。
到着した時点では私しかいませんでしたが、SLが通過する頃には、6人ほどの方が来て
いました。
IMG_0246(1).JPG

ヘッドマークがよく分かるように、トリミングしてみました。
IMG_0247(1).JPG

SLが通過した後は、新発田城に向かったのですが、その前後に、SLのほかにも、何枚か、
鉄道を撮ってきました。
こちらは、朝、新潟駅で撮ったE653系「いなほ1号」です。
IMG_0237(1).JPG

ここからも、SLと同じく、西新発田~新発田間での撮影です。
「いなほ6号」を、雪山をバックに撮ってみました。
IMG_0257(1).JPG

こちらは「いなほ3号」です。
IMG_0265(1).JPG

SLを撮ったのと同じ場所で、新潟地区で活躍するE129系を2枚。
IMG_0240(1).JPG

IMG_0239(1).JPG

そして、雪山をバックに、E129系をもう1枚。
IMG_0250(1).JPG

115系。後方に見えるのは、二王子岳方面の山です。
IMG_0251(1).JPG

羽越本線の新発田~中浦間で撮った、羽越本線のキハ110。
IMG_0260(1).JPG

最後に、西新発田~新発田間で撮った、485系快速「きらきらえつえつ」。
IMG_0253(1).JPG

今日は、この程度しか撮ってませんが、初めて「SL村上ひな街道号」を撮ることができました
し、雪の残る山をバックに撮ることも出来たので、自分としては大満足です。
それに、相当な寒さを覚悟していたのですが、行ってみると、結構暖かく、マフラーを取り、
ジャンバーの前を開けていないと汗をかくほどでした。

朝、家を出たのが5時45分。大宮駅で「とき301号」に乗り、新潟駅で「いなほ1号」に乗り換えて、
新発田駅に着いたのが8時50分。
思っていたほど遠くないことが分かりましたので、来年もまた、「SL村上ひな街道号」を見に
行ってみたいと思います。


(日本100名城)松山城へ③ [四国]

今回はいよいよ、現存する連立式天守のある本壇に入ります。

まずは、天守に通じる本壇入口を守る一ノ門です。天明4年(1784年)に雷火のため天守とともに
焼失し、天明6年(1786年)に再建されました。二ノ門との間は枡形の空間になっていて、小天守、
一ノ門南櫓、二ノ門南櫓、三ノ門南櫓の四方から攻撃できます。高麗門形式です。
IMG_0070(1).JPG

続きを読む


nice!(43)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

(日本100名城)松山城へ② [四国]

今回は、松山城の本丸です。

次の写真は、二の丸から黒門口登城道を登り、本丸へと通じるところにある大手門跡の石垣の
下に出たところです。

二の丸から本丸へは、黒門口登城道を歩くルート、県庁裏登城道を登るルート、そして、
東雲口まで移動してロープウェイ・リフトを使うルートがあります。歩きだと、本丸まで15分~
20分程度で到着します。黒門口登城道は石段が多く、やや急な坂な斜面もありますが、江戸時代
には正規のルートだった道で、今もそれらしい雰囲気を味わえます。
県庁裏登城道は舗装された、割と緩やかなスロープで、途中、登り石垣を見ることができます。
こちらも本丸まで、15~20分歩きます。
ロープウェイ・リフトを使う場合、まず松山城駐車場(有料)まで移動し、駐車場からロープ
ウェイ乗り場まで約2分歩きます。ロープウェイは所要時間3分ですが、10分間隔での運行なので、
待ち時間も加えると、そこそこに時間がかかります。リフトは所要時間6分です。さらに、ロープ
ウェイ・リフトの降車場所から本丸まで5分ほど歩きます。
ということで、先に二の丸に来たのであれば、歩いてしまった方が、早く本丸に到着できます。
ちなみに、二の丸専用駐車場は無料です。31台しか停められないため、天気の良い週末の昼頃
などは、満車の可能性もありますが。

IMG_0050(1).JPG

続きを読む


nice!(51)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -