So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

(日本100名城)佐賀城へ [九州]

訪問してから、すっかり時間が経過してしまいましたが、ちょうど1か月前の8月17日、佐賀
佐賀市にある、日本100名城の1つ、佐賀城に行ってきました。

佐賀城は、関ケ原後の慶長13年(1608年)、鍋島直茂・勝茂父子が、龍造氏の居城・村中城を
拡張して整備した城で、慶長16年(1611年)に完成しました。

その後、二度の火災に遭い、一度目の享保11年(1726年)の火災では天守閣をはじめ、本丸、
二の丸、三の丸が焼失。二年後に二の丸が完成しましたが、二度目の天保6年(1835年)の火災
ではその二の丸が焼失。天保9年に本丸御殿が再建されましたが、昭和32年までにその大半が
解体されてしまいました。

写真は、数少ない現存遺構である、鯱の門です。
IMG_1599(1).JPG

続きを読む


nice!(40)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

(日本100名城)平戸城へ [九州]

平戸城は、元禄16年(1703年)に、新規築城を幕府に願い出て許可され、松浦棟が宝永元年
(1704年)に築城を開始。14年後の享保3年(1718年)に完成した城です。

元々は、慶長4年(1599年)に松浦鎮信が築いた日之嶽城がこの場所にありましたが、幕府に
よる改易を恐れて、完成間近の慶長18年(1613年)に焼き捨ててしまいました。

その後、同じ場所に平戸城を築いたわけですが、江戸時代中期に築城が認められた、という点
では、極めて珍しいお城、といえます。

こちらは、昭和37年復興の乾櫓です。
IMG_1533(1).JPG

続きを読む


nice!(55)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

(日本100名城)名護屋城址へ [九州]

8月16日、佐賀唐津市にある名護屋城址に行ってきました。

名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮出兵(文禄・慶長の役)という、愚かな企てを実行するための
拠点として、天正20年(1592年)に築かれた城です。城の広さは17万㎡に及び、大阪城に
次ぐ大規模なものでした。
秀吉が亡くなるとともに戦争は終結し、名護屋城は廃城となりました。
IMG_1458(1).JPG

続きを読む


nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

西九州(佐賀・長崎)への一泊旅行(後編) [九州]

長男と行った西九州旅行の2日目です。

この日は、かつて南蛮貿易の玄関口として栄えた平戸に向かいました。

こちらは、長崎県の本土部と平戸島を結ぶ平戸大橋です。青い海の上に架かる赤い吊り橋。
良い眺めです。
IMG_1527.JPG

続きを読む


nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

西九州(佐賀・長崎)への一泊旅行(前編) [九州]

今週、夏の休暇を利用して、一泊二日で西九州に行ってきました。

今回は、長男との初めての“二人旅”。高校~大学生の頃は、会話もない状態でしたが、社会人
2年目になって、父親と出掛けるのが苦痛ではなくなったようです(笑)。

本来、西九州、佐賀県・長崎県に行くのであれば、佐賀空港か長崎空港を利用すべきだとは思い
ますが、今回は、お盆の時期に重なっていたこともあり、あえて福岡空港を利用しました。

福岡空港でレンタカーを借り、最初に向かったのが、佐賀県唐津市の「七ツ釜」。玄海国定公園
内にある、国の天然記念物にも指定されている七ツ釜は、玄武岩が玄界灘の荒波に浸食されて
できた海食洞と言われる「七つの穴」(実際にはそれ以上あります)のある景勝地です。
初めて訪れましたが、その自然の雄大かつ美しい景観に、思わず、絶句してしまいそうでした。
IMG_1439.JPG

IMG_1440.JPG

IMG_1444.JPG

続きを読む


nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジャイアンツのスペシャルイベントに参加! [その他]

もう1か月以上も前のことですが、東京ドームで開催されるスペシャルイベントに参加する
機会がありました。

まずは、まだ選手のいないグラウンドに降り立ちます。
IMG_1322(1).JPG

次に、一塁側のベンチを見学。
IMG_1328(1).JPG

続いて、一塁側のブルペンに移動。ここで、選手たちのトークショーが行われます。
選手の前に、まず、MCの宮本和知さんが登場。最近のジャイアンツの状況や、期待の選手などの
話を聞かせてくれました。この日は魔の13連敗があった交流戦の直後の3連戦中でしたので、
オールスター戦までを2勝1敗ペースでいけば、まだまだ挽回可能、などと話してましたね。
IMG_1329(1).JPG

そして、選手の登場。その瞬間まで、私たちは誰が来るのか聞かされてません。若手が4人、
と宮本さんが言ってたので、長野選手が登場したときは、約30人の参加者から歓喜の声が上がり
ました。
IMG_1335(1).JPG

この日、来てくれた選手は、長野選手に、準レギュラーともいえる橋本到選手。
IMG_1342(1).JPG

それに、今期、日ハムから巨人に来て良いところを見せている石川選手と、若手の有望株の
辻選手でした。
IMG_1338(1).JPG

選手たちは割と口数が少ないのですが、そこは宮本さんの絶妙の振りと、鋭いツッコミで、
私生活に関する話や甲子園思い出など、約30分の間、面白い話を十分に聞かせていただき
ました。

トークショーの後は、参加した1組ずつ、4選手とともに記念撮影。その後、宮本さんを含めて
全員が全参加者とハイタッチして終了、という内容でした。
IMG_1349(1).JPG

今季は、苦戦しているジャイアンツに、ファンとしても歯がゆい思いを強いられているわけ
ですが、でも、この日のイベントに参加できたことで、ますます、ジャイアンツを応援したく
なった次第です。

レッツゴー、ジャイアンツ!!!
nice!(49)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2009年に撮った鉄道 [鉄道]

このところ、週末は、東京ドーム野球を見に行くか、会社の仲間との付き合いでゴルフ
行くか、あるいはそれ以外の用事があるか、などで、カメラを持って出かける機会がありま
せんでした。

そこで、今回は、一眼レフデジカメを使い始めた2009年に撮った鉄道写真を載せて、
懐かしい気分になってみることにします。

まずは、京浜東北線の209系。
IMG_0212(1).JPG

続いて京葉線の201系。
IMG_0084(1).JPG

山手線のE231系の100周年ラッピング塗装。
IMG_0952(1.JPG

165系急行「信州」。
IMG_0140(1).JPG

489系の急行「能登」。
IMG_0006(1).JPG

EF64が牽引する寝台特「あけぼの」。
IMG_0030(1).JPG

EF81が牽引する「カシオペア」。
IMG_0061(1).JPG

EF66が牽引する特急「富士・はやぶさ」。
IMG_0014(1).JPG

485系特急「あいづ」。
IMG_0152(1).JPG

189系「彩野」。
IMG_0216(1).JPG

253系「成田エキスプレス」。
IMG_0696(1).JPG

EF55が牽引する臨時列車。
IMG_0237(1).JPG

EF81が牽引する「北斗星」。
IMG_0251(1).JPG

こうして並べてみると、わずか8年前なんですけど、今では見ることのできない車両ばかりです。
この頃に、戻ってみたいですね。
nice!(49)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホリデー快速富士山号 など [鉄道]

先週末(7月22~23日)、東京都日野市にある実家に行く予定があったので、そのついでに、
23日の朝、中央線の豊田~八王子間で、ホリ快などを撮ってきました。

まず、こちらが189系「ホリデー快速富士山1号」です。今どきのスタイリッシュな車両よりも
やっぱり189系の方が良いですね。見ていて、なんとも言えない安心感みたいなものを感じます。
新型車両を設計するときに、ボディだけは189系や485系のデザインにする、なんてことがあれば
良いのになぁ...
IMG_1407(1).JPG

次に、E235系。
IMG_1409(1).JPG

そして、E257系「あずさ7号」。
IMG_1414(1).JPG

こちらは、189系「山梨富士3号」。国鉄色の189系、いつまで走ってくれるんでしょうか。
IMG_1419(1).JPG

もう1枚、E235系。
IMG_1421(1).JPG

E257系「あずさ9号」。
IMG_1423(1).JPG

この日の最後は、215系「ホリデー快速ビューやまなし号」。
IMG_1426(1).JPG

ここで、実家に戻る時間になったため、撮影は終了。わずか50分の滞在時間でした。

そうそう、鉄道ダイヤ情報8月号の「NEWS FILE DOMESTIC」のコーナーに、久しぶりに、
私ごときの写真が採用されたんですよね。滅多に応募することもないのに。
これを機に、もう少し、頑張ってみようかな(笑)

原鉄道模型博物館へ [鉄道]

先週、横浜駅東口にある、原鉄道模型博物館に行ってきました。
こちらには、原信太郎氏(1919~2014)が製作し、収集した鉄道模型が多く展示されています。
その特徴の1つが、蒸気機関車、電気機関車、路面電車など、古い時代の、日本、ヨーロッパ、
アメリカの車両が中心であること。
もう1つが、おなじみのHOゲージやNゲージではなく、一番ゲージ(縮尺1/32)、Oゲージ
(1/40)といった大きく、かつかなり成功に作られた模型ばかりであること。
そして、原信太郎氏の製作した模型は、架線から電気を取るなど、本物の鉄道で使われている
技術を搭載していることです。
入館料は大人1,000円と、やや高めですが、鉄道好きなら十分に楽しめます。ちなみに、横浜駅に
ある観光案内所に置いてある横浜駅東口マップには、入館料10%割引のクーポンがついてます。
IMG_1357.JPG

続きを読む


タグ:鉄道模型

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」(その③) [鉄道]

すっかり、時間が経ってしまってますが、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」に関する
3回目の記事です。今回は鉄道車両以外、いや正確には鉄道の車体以外の写真です。

こちらは、(多分)EF64の台車です。
IMG_1177(1).JPG

続きを読む


前の10件 | -