So-net無料ブログ作成

小松城(石川県)へ [北陸]

先月、丸岡城に行った帰りに、小松城にも寄ってきました。

小松城は、天正4年(1576年)、加賀一向一揆方の若林長門守によって築かれたといわれ、その後
柴田勝家に攻められ、その柴田家から前田利家が受け取ったそうです。秀吉の時代には、村上氏、
丹羽氏が居城し、慶長5年(1600年)からは前田氏の有するところとなります。
その後、元和元年(1615年)に一国一城令で廃城となるものの、寛永17年(1640年)加賀藩主
前田利常の隠居城という名目で再築されます。沼地を利用した平城で、川の水を引き入れた堀の
中に、8つの島(郭)が設けられ、城の面積は金沢城の倍近い56万㎡という大規模なものでした。

その大規模な小松城ですが、現在、城跡には、本丸の一部に天守台と内堀の石垣が残るのみです。

こちらが、その天守台の石垣です。以前は石段を登って、天守台の上に行くことが出来たのですが
今では残念ながら立ち入り禁止になってます。
IMG_0365(1).JPG


天守台の写真を更に2枚。
IMG_0360(1).JPG

IMG_0361(1).JPG

御土蔵跡付近は、紅葉が綺麗でした。
IMG_0363(1).JPG

天守台の脇にある、白山水井戸。
IMG_0366(1).JPG

本丸跡。現在は、小松高校のグランドです。
IMG_0359(1).JPG

こちらも本丸跡。このあたりに御殿があったそうです。
IMG_0367(1).JPG

小松高校の校舎のあるところが二の丸跡。そして、三の丸跡は芦城公園と稚松小学校になって
います。こちらは、芦城公園です。
IMG_0347(1).JPG

稚松小学校には、小松城常盤門と伝えられる門が移築されています。
IMG_0354(1).JPG

また、市内にある来生寺の寺門は小松城鰻橋御門が移築されたものです。現存する貴重な建築物
です。
IMG_0371(1).JPG

市役所の近くにある駐車場付近は、七十間長屋の跡です。
IMG_0368(1).JPG

ということで、遺構が少なく、見所のない城址の一つ、とも言えるのですが、そうは言っても、
金沢城の倍の規模を誇った、前田家の城です。一度行ってみる価値は十分にあると思います。
nice!(57)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 57

コメント 2

YUTAじい

おはようございます。
よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。
by YUTAじい (2016-12-31 07:08) 

schnitzer

いつもご来訪ありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください!
by schnitzer (2016-12-31 18:57) 

トラックバック 0