So-net無料ブログ作成
検索選択

鉄道博物館へ [鉄道]

今日、約10年ぶりに鉄道博物館に行ってきました。
リニューアルのために模型鉄道ジオラマやラーニングゾーン、てっぱくひろばが閉鎖中ですし、
来年8月には新館のオープンを控えてもいるので、それほど混まないのかと思ってました。
でも、行ってみると、かなりの盛況ぶり。開館の10分前には到着しましたが、かなりの列が
出来ていて、入場できたのは、10時10分過ぎでした。鉄道の人気、なかなかのものです。

館内の車両は、私が紹介するまでもないとは思いますが、せっかくの機会なので、一つ一つ
ご覧いただければと思います。
まずは、ヒストリーゾーン1階の車両展示を2階から見てみました。
IMG_0662(1).JPG


2階からの写真をもう2枚。
IMG_0751(1).JPG

IMG_0752(1).JPG

ここからは、個々の展示車両です。
これは(150形式)1号機関車。1872年、新橋~横浜間の鉄道開業時、イギリスから10両輸入
されたうちの1両です。
IMG_0725(1).JPG

(1290形式蒸気機関車)1292「善光号」。1883年7月に上野~熊谷間に開業した日本鉄道が所有
した最初の蒸気機関車です。これもイギリス製です。
IMG_0665(1).JPG

(7100形式蒸気機関車)7101「弁慶号」。1880年に北海道初の鉄道として手宮~札幌間が開通
した幌内鉄道で使用するため、アメリカから輸入された8両のうちの1両です。
IMG_0727(1).JPG

(9850形式蒸気機関車)9856。1913年のドイツ製で、沼津機関区に配置され、当時東海道本線
だった御殿場線の急勾配区間で活躍しました。車体の一部がカッとされ、蒸気機関車内部の
基本構造が見学できるようになってます。
IMG_0724(1).JPG

(C51形式蒸気機関車)C51 5。国産の高速旅客用蒸気機関車で、全289両が製造され、1966年
まで東海道本線の特急列車などで活躍しました。
IMG_0685(1).JPG

(C57形式蒸気機関車)C57 135。1940年製で、高崎機関区での活躍の後、北海道に移り、
1975年12月14日には国鉄最後の蒸気牽引の旅客列車の先頭に立ちました。中央のターン
テーブルに乗り、1日に2回、回転実演が行われます。
IMG_0666(1).JPG

創業期の客車(模造)。明治期の3等客車を模して造られた実物大の展示車両です。屋根の上
には油灯ランプを挿入する駅夫の人形が乗り、当時の新橋駅の情景を再現しています。
IMG_0663(1).JPG

(デ963形式)デ968(松本電気鉄道ハニフ1)。1904年8月、日本で最初の電車として
甲武鉄道飯田町~中野間で運転を開始したときの車両です。その後、信濃鉄道(大糸線)に
移り、松本電気鉄道を経て、当館にやってきました。これが電車なんだ、って感じです。
IMG_0660(1).JPG

(コトク5010形式)開拓使号客車。幌内鉄道開業にあわせて、「弁慶号」などとともに、
アメリカから輸入された客車です。
1881年の明治天皇北海道御巡行の際には、御料車として使用されました。
IMG_0723(1).JPG

(クモハ40形電車)クモハ40074。国鉄で20mの車体長を初めて採用したのが、1932年に登場
した40系通勤型電車です。半鋼製の車体が特徴で、1987年まで使用されました。
IMG_0671(1).JPG

(ED40形式電気機関車)ED40 10。信越本線横川~軽井沢間で、初の国産電気機関車として
1919年から増備されたアプト式電気機関車です。10号機は1921年製で約23年間、同区間で活躍
後、東武鉄道でも活躍しました。
IMG_0700(1).JPG

鉄道博物館の素晴らしいのは、車両を横から見たり、中に入るだけでなく、特徴ある車両は
上から、そして下から見学できるようになっているところです。
ED40の場合は、こうして、横川駅での列車を連結する作業のシーンを再現しているだけでなく、
IMG_0720(1).JPG

こうして、車両の下に入って、ラックレールに噛み合うギアなどのアプト式の台車構造を観察
できます。
IMG_0721(1).JPG

IMG_0722(1).JPG

(EF55形式電気機関車)EF55 1。1936年に3両製造されたうちの1両で、2015年から当館に
展示されました。独特の流線型の形状から、「ムーミン」と呼ばれました。
IMG_0673(1).JPG

(EF58形式電気機関車)EF58 89。東海道本線全線電化時用の増備車として、1956年8月に
製造されました。当初は淡い緑色の「青大将」色でしたが、1984年にぶどう色となり、イベン
ト列車などでの使用ののち、2003年に廃車となりました。
IMG_0701(1).JPG

(ED17形式電気機関車)ED17 1。1923年イギリス製の旅客用電気機関車。
IMG_0703(1).JPG

(ナデ6110形式)ナデ6141。1914年製の、現存する最古の国産ボギー式木造電車。
屋根の上には、プラスとマイナスの2本のトロリーポールがあります。電化初期の山手線や
中央線で活躍しました。
IMG_0705(1).JPG

(オハ31形式客車)オハ31 26。1927年、国鉄初の半鋼製客車として誕生しました。
戦後は津軽鉄道に譲渡され、1983年までストーブ列車などで活躍しました。
IMG_0736(1).JPG

(マイテ39形式展望客車)マイテ39 11。1930年に、特急「富士」用として製造された1等
展望車です。
IMG_0732(1).JPG

ここまでは、鉄道開業時から昭和30年頃までに導入された、歴史的価値のある車両を
中心に紹介しました。この頃の車両は、ボディが黒または茶色のものがほとんどですね。

次回は、その後の車両たちを紹介したいと思います。
タグ:てっぱく
nice!(63)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 63

コメント 3

hanamura

チョコレート色の電車、やっぱり、おおいなぁ~。
by hanamura (2017-02-20 06:29) 

kazumin

大成の鉄道博物館ですよね!
前をしょっちゅう通りますが…
まだ入ったことありません(^^;
近すぎて、いつでも行けるかな~でまだなんです!
by kazumin (2017-02-20 07:54) 

芝浦鉄親父

鉄道博物館、自宅からは比較的近所にあるのですが、いまだに訪れたことがありません。近くなので、いつでも行けると思って、安心してしまうのかも知れません。やはり、近所のさいたまスーパーアリーナにあった、ジョン・レノン・ミュージアムを訪れたのは、閉館直前でした。
ED17、ED40など、大好きな機関車が沢山収蔵されているので、近々に機会をつくって訪問したいです。
by 芝浦鉄親父 (2017-02-21 12:41) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。