So-net無料ブログ作成
検索選択

(日本100名城)松山城へ② [四国]

今回は、松山城の本丸です。

次の写真は、二の丸から黒門口登城道を登り、本丸へと通じるところにある大手門跡の石垣の
下に出たところです。

二の丸から本丸へは、黒門口登城道を歩くルート、県庁裏登城道を登るルート、そして、
東雲口まで移動してロープウェイ・リフトを使うルートがあります。歩きだと、本丸まで15分~
20分程度で到着します。黒門口登城道は石段が多く、やや急な坂な斜面もありますが、江戸時代
には正規のルートだった道で、今もそれらしい雰囲気を味わえます。
県庁裏登城道は舗装された、割と緩やかなスロープで、途中、登り石垣を見ることができます。
こちらも本丸まで、15~20分歩きます。
ロープウェイ・リフトを使う場合、まず松山城駐車場(有料)まで移動し、駐車場からロープ
ウェイ乗り場まで約2分歩きます。ロープウェイは所要時間3分ですが、10分間隔での運行なので、
待ち時間も加えると、そこそこに時間がかかります。リフトは所要時間6分です。さらに、ロープ
ウェイ・リフトの降車場所から本丸まで5分ほど歩きます。
ということで、先に二の丸に来たのであれば、歩いてしまった方が、早く本丸に到着できます。
ちなみに、二の丸専用駐車場は無料です。31台しか停められないため、天気の良い週末の昼頃
などは、満車の可能性もありますが。

IMG_0050(1).JPG

これも、大手門跡付近の石垣です。右手に見えるのが筒井門西櫓、左手に見えるのが太鼓櫓
です。
IMG_0051(1).JPG

大手門跡です。大手門は慶長年間の築城時に建てられた重要な門でした。明治時代に、揚木
戸門とともに、取り壊されました。本丸への登城道には、こうしてU字に屈折する箇所が多い
です。
IMG_0055(1).JPG

揚木戸門跡の石垣。その奥の左手には待合番所があったそうです。
IMG_0053(1).JPG

本丸の大手口の最初にある、戸無門。現存の高麗門です。
IMG_0057(1).JPG

戸無門の隣にある筒井門。築城の際、正木城から移築されたと伝えれている松山城最大の門です。
現在の門は昭和46年に復元されたものです。門の左側が筒井門西続櫓、右側が筒井門東続櫓です。
IMG_0058(1).JPG

現存する隠門。筒井門の奥の石垣の陰に隠された埋門形式の櫓門です。
IMG_0059(1).JPG

隠門続櫓。これも現存する遺構です。
IMG_0060(1).JPG

本丸下から見た、隠門続櫓。
IMG_0054(1).JPG

昭和61年に再建された巽櫓。
IMG_0062(1).JPG

本丸下から見た巽櫓。
IMG_0109(1).JPG

太平洋戦争の際に焼失し、昭和47年に再建された太鼓門。本丸大手の正門と位置付けられて
いる脇戸付の櫓門です。
IMG_0063(1).JPG

昭和48年に復元された太鼓櫓。
IMG_0056(1).JPG

馬具櫓(復元)。
IMG_0064(1).JPG

本丸から見た本壇。右が大天守(現存)、左が小天守(復元)です。
IMG_0065(1).JPG

本丸の大手と搦手を仕切る紫竹門(現存)。右手の石垣上にあるのが紫竹門東塀、左手の白い
漆喰の塀が紫竹門西塀です。左右の塀も現存する遺構です。
IMG_0066(1).JPG

紫竹門西塀(右)に続く、乾門東続櫓続東曲折塀、乾門東続櫓、そして現存する乾櫓。
乾櫓は築城当初の櫓です。
IMG_0068(1).JPG

そして、艮門東続櫓(右側)と、艮門。昭和59年に復元されました。このエリアは工事中で、
立入禁止でした。
IMG_0111(1).JPG

ここまでが本丸の建築物です。松山城は、復元された門や櫓を含め、江戸時代の姿を今に残す
城址の1つですね。
次回はいよいよ、現存する天守閣のある本壇の様子をお伝えしたいと思います。
nice!(51)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 51

コメント 2

hanamura

これでもか!って創り込みの石垣に妄想力が昂ります。
by hanamura (2017-03-19 07:41) 

yu-papa

石垣の積上げ方に、興味深いものがあります。
多くの石の中から、紋入りの石は見つかったのでしょうか?
by yu-papa (2017-03-20 09:20) 

トラックバック 0