So-net無料ブログ作成
検索選択

(日本100名城)松山城へ③ [四国]

今回はいよいよ、現存する連立式天守のある本壇に入ります。

まずは、天守に通じる本壇入口を守る一ノ門です。天明4年(1784年)に雷火のため天守とともに
焼失し、天明6年(1786年)に再建されました。二ノ門との間は枡形の空間になっていて、小天守、
一ノ門南櫓、二ノ門南櫓、三ノ門南櫓の四方から攻撃できます。高麗門形式です。
IMG_0070(1).JPG
本壇の図面です。これを見て頂くと、この後に出てくる建造物の位置関係がよくわかると
思います。
IMG_0075(1).JPG

一ノ門を二ノ門側から見てみました。後方に小天守があります。
IMG_0073(1).JPG

本壇で二番目の門の、二ノ門。薬井門形式の門で、天明4年(1784年)の焼失後、安政元年(1854年)
に再建されました。
IMG_0074(1).JPG

天神櫓。松平家の先祖である菅原道真公の像を安置し、城の安全を祈ったことから、この名が
あります。昭和20年に戦災により焼失し、昭和54年に復元されました。全国的にあまり例のない
寺社建築の正面扉を有する櫓です。
IMG_0076(1).JPG

本丸側から見た天神櫓(右)と、天神櫓南塀(中央)。天神櫓南塀も昭和54年に復元され
ました。その奥は、大天守です。
IMG_0112(1).JPG

本壇における三番目の門である、三ノ門。天明4年(1784年)に雷火のため天守とともに
焼失し、安政元年(1854年)に再建されました。
IMG_0079(1).JPG

三ノ門南櫓(左)と、筋鉄門東塀(右)。三ノ門南櫓は、三ノ門と同じく、天明4年(1784年)に
焼失し、安政元年(1854年)に再建されました。筋鉄門東塀は、三の門南櫓と筋鉄門を結ぶ渡塀で、
嘉永年間(1848年~1853年)の再建と考えらています。
IMG_0084(1).JPG

筋鉄門。左奥に見えるのは小天守、左手前は筋鉄門東塀です。
筋鉄門は櫓門で、櫓は大天守と小天守をつなぐ通路になっています。こちらも、天明4年(1784年)
に雷火のために焼失し、安政元年(1854年)に再建されましたが、昭和8年に放火によって一部焼失。
昭和43年に復元されました。
IMG_0083(1).JPG

小天守と多聞櫓です。左側に筋鉄門、右側に南隅櫓があります。小天守、多聞櫓とも、天明4年
(1784年)に雷火のために焼失し、安政元年(1854年)に再建。その後、昭和8年に放火によって焼失し、昭和43年に復元されました。
IMG_0089(1).JPG

左から、多聞櫓、南隅櫓、十間廊下です。いずれも、昭和43年に復元されました。
IMG_0085(1).JPG

左から、十間廊下、北隅櫓、玄関、玄関多聞です。すべて、昭和8年に放火により焼失し、
昭和43年に復元されました。
IMG_0090(1).JPG

左の櫓門が内門、右が玄関多聞です。内門も放火による焼失後、昭和43年に復元されました。
内門の櫓は、玄関多聞と大天守との間の通路になっています。
昭和8年の放火さえなければ、今も大天守のみならず、小天守や櫓を含めた連立式の天守閣
のすべてが現存していたことになります。残念ですね。ちなみに、放火犯はその後死刑になった
ようです。
IMG_0096(1).JPG

内門とともに、枡形門となっている、仕切門。安政元年(1854年)に再建された現存する遺構の
一つです。
IMG_0095(1).JPG

南隅櫓の挟間と石落し。
IMG_0103(1).JPG

十間廊下から見下ろした、乾櫓(奥)と乾門東続櫓。乾櫓は現存遺構です。この日は、この
付近も立入禁止でした。
IMG_0100(1).JPG

大天守。右は仕切門です。大天守は三重三階地下一階の層塔型天守で、黒船来航の翌年落成した
江戸時代最後の完全な城郭建築です。
IMG_0078(1).JPG

小天守(左)、大天守(正面奥)、二ノ門南櫓(右)です。
丸岡城や宇和島城のような独立式の天守も絵になりますけど、この松山城のような連立式な
天守も、良いですよね。
とりわけ松山城の天守は、3重3階で規模こそ大きくはありませんが、本当に美しい姿をしている
芸術的なお城だなぁ、と、つくづく思いました。
IMG_0108(1).JPG

松山城、是非、また行きたいですね。
nice!(43)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 43

コメント 1

ipanemaoyaji

今だ四国の地を踏んだことないけど、このお城に是非一度言ってみたいデス。
by ipanemaoyaji (2017-03-25 17:26) 

トラックバック 0