So-net無料ブログ作成
検索選択

(日本100名城)大洲城へ [四国]

3月4日に行った愛媛の城巡りの最後は大洲城です。

大洲城は元弘元年(1331年)頃に、宇都宮豊房によって築かれた城で、秀吉による四国平定後は
戸田勝隆、藤堂高虎、脇坂安治、加藤貞泰と城主が入れ替わり、その後加藤氏のまま維新を迎え
ます。

天守は明治21年に取り壊されてしまいましたが、4棟の櫓が今も残っています。また、天守も、
平成16年に木造で復元され、台所櫓、高欄櫓とともに、美しい姿の「連結式天守」を見ること
ができるようになりました。
IMG_0177(1).JPG

二の丸跡に現存する下台所。城内の食糧庫としての機能を果たしていました。
IMG_0166(1).JPG

二の丸御殿跡の石垣。下段(左側)に表御殿が、上段(右側)に奥御殿がありました。
IMG_0169(1).JPG

こちらも、二の丸の石垣です。
IMG_0171(1).JPG

復元された御門番長屋。二の丸内の仕切り塀の門に付属する建物です。
IMG_0174(1).JPG

二の丸の西隅にあった玉櫓跡。
IMG_0176)1).JPG

本丸の南側にあった、かま櫓跡。
IMG_0180(1).JPG

本丸の石垣。
IMG_0181(1).JPG

暗り門(くらがりもん)跡。天守に至る最後の門で、城内で最も大きな櫓門がありました。
IMG_0183(1).JPG

天守と高欄櫓。
IMG_0178(1).JPG

本丸廻り櫓跡。本丸は主要な建物を多聞櫓がつなぎ、本丸全体が櫓で囲われていました。
IMG_0185(1).JPG

本丸に建つ台所櫓(右)、天守、高欄櫓(左)です。
IMG_0186(1).JPG

台所櫓。大洲城の櫓の中では最大級のもので、地震で大破したため、安政6年(1859)に
再建されたものです。
IMG_0191(1).JPG

高欄櫓。大洲城の中で唯一2階に縁と高欄のある櫓です。現在の高欄櫓は、台所櫓同様、
万延元年(1860)に再建されたものです。
IMG_0192(1).JPG

北の菱御門(二の丸搦手門)跡。二の丸の裏門にあたる櫓門がありました。
IMG_0195(1).JPG

内堀跡。二の丸と三の丸の間にあった堀です。
IMG_0198(1).JPG

三の丸北西隅櫓跡の石垣。
IMG_0200(1).JPG

肱川側から見た、連立式天守です。
IMG_0203(1).JPG

大洲城は肱川に面して建てられていて、今も二の丸の石垣が肱川沿いにあります。
IMG_0207(1).JPG

これまで自分が見てきた中では、湖や川に面していたお城も、その後の市街化や治水工事等に
より、今では街中にある、というケースが多かったのですが、ここは今もしっかり、石垣が
川のすぐ脇にありました。地形が築城当時のままなんでしょうね。
IMG_0208(1).JPG

川沿いの石垣をもう1枚。
IMG_0211(1).JPG

水の手櫓、水の手御門跡。この門を抜けると、肱川の水面に直接出られたそうです。
IMG_0215(1).JPG

肱川沿いの二の丸東端に現存する苧綿櫓(おわたやぐら)。天保14年(1843)に再建された
ものです。
IMG_0218(1).JPG

芋綿櫓をもう1枚。
IMG_0163(1).JPG

三の丸南隅櫓。明和3年(1766)に建てられたもので、大洲城に現存する最古の建物です。
三の丸の外側にあった外堀に面して建てられていました。
IMG_0227(1).JPG

三の丸の外堀の石垣。この付近の外堀は、現在は大洲高校のグランドになってます。
IMG_0231(1).JPG

三の丸南隅櫓を、本丸の台所櫓、天守、高欄櫓と一緒に、撮ってみました。
IMG_0230(1).JPG

最後に、お城とは直接関係ありませんが、今回の日帰り旅行で唯一の「撮り鉄」です。
肱川を渡る、キロ47形2両の「伊予灘ものがたり」号を撮ってみました。
IMG_0206(1).JPG

大洲城の本丸では、この列車が通ると、居合わせた観光客も一緒に、幟を立てて、合図を
送ってました。

ということで、松山城、宇和島城、大洲城を一日で駆け抜けてきました。次回はもっとゆっくり
街並みとかも楽しみたいです。

明日からしばらく旅行に出るので、皆様のブログへの訪問が滞ります。8日夜には戻りますので、
よろしくお願いします。

nice!(55)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 55

コメント 1

かずのこ

美しいお城ですね。
一度は行ってみたいです!
by かずのこ (2017-04-05 07:44) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。