So-net無料ブログ作成

(日本100名城)長篠城へ [東海]

掛川城のあとは、愛知県新城市にある長篠城へ行ってきました。現存する建物はなく、遺構が多いとは言えま
せんが、日本100名城の一つでもあり、また、誰もが知ってる長篠の戦いの前哨戦として、武田軍と織田・徳川
連合軍との間で激しい攻防があった場所でもあり、一度行ってみたかったんです。

長篠城は永正5年(1508年)、菅沼元成が築きました。菅沼氏は元亀2年(1571年)、武田氏の支配下に入りますが、
元亀4年(1573年)、武田信玄が死亡した直後の間隙をついて、徳川家康が長篠城を奪取し、奥平信昌が城主となります。
そして、武田軍の反攻に備えて大改築しましたが、天正3年(1575年)に武田勝頼に攻められ落城寸前に至りました。
結局、織田・徳川連合軍が長篠の戦いに勝ちましたが、損傷がひどく、天正4年に廃城となりました。
IMG_0391(1).JPG

長篠城は、宇連川と寒狭川の合流するところの断崖上にあります。中心に本丸があり、その本丸を囲む
ようにして、二の丸、帯郭、弾正郭、野牛郭などの郭がありました。
nagashinojyoshi.jpg

こちらは本丸の北側に残る内堀と土塁です。当時は水堀だったようです。
IMG_0390(1).JPG

これも、内堀と土塁です。複雑に屈折した、かなり大規模な土塁が造られていたことが分かります。
IMG_0389(1).JPG

ただ、残念ながら城の中心部に飯田線の線路を敷設しているため、土塁も途中で削られてしまってます。
IMG_0399(1).JPG

土塁上で撮った写真です。土塁が大きく曲がっているのが良くわかります。
IMG_0394(1).JPG

土塁の一角に、「長篠城址」の古そうな石碑がありました。
IMG_0393(1).JPG

本丸跡です。
IMG_0392(1).JPG

帯郭跡です。
IMG_0396(1).JPG

厩跡。線路沿いにあるため、近くには行けません。
IMG_0395(1).JPG

線路の反対側に行ってみると、野牛郭の跡があります。
IMG_0400(1).JPG

線路脇にある物見櫓跡。
IMG_0401(1).JPG

物見櫓跡のすぐ下にある、殿井跡。今も水が湧き出ていました。城兵にとっての貴重な飲料水だった
ようです。
IMG_0402(1).JPG

野牛郭の最南端に、「櫓跡」の石碑がありますが、詳しい説明はありませんでした。
IMG_0403(1).JPG

最後に、大手門跡。案内表示があるだけで、全く、面影はありません。
IMG_0406(1).JPG

このあたりで、時間も遅くなってきたので、今回の見学はここで終了。周囲には、他の郭の跡や、長篠の戦に
関する遺構もいくつかありますし、帯郭跡には史跡保存館もあります。もう少し時間を割くべきだったかも
しれません。
今になって、少し後悔してます。

この日は、この後、飯田線を少し撮影してから、豊川のホテルに泊まりました。次回は、一人旅の二日目について
記事にしてみたいと思います。
nice!(49)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 49

コメント 1

hanamura

配偶者様の実家屋号「戸井の沢」は、小瀬戸城の水脈だったそうです。
でも、すみません。石垣が好きな方なので、石垣の名城を・・・。
石垣なら、ロックフィル・ダムも、好みます。
by hanamura (2017-04-23 10:43) 

トラックバック 0