So-net無料ブログ作成

霧に包まれる岐阜城へ(日本100名城) [東海]

(ようやく)一人旅の三日目は岐阜城からスタートです。

岐阜城は標高約330mの金華山の山頂にあり、日本の城郭の中での有数の高さにあります。
かつては稲葉山城と呼ばれ、当初の築城は鎌倉時代の建仁年間(1201~1204年)という、非常に歴史のある城の
1つです。戦国時代には斎藤道三の居城でもありましたが、永禄10年(1567年)に織田信長がこの城を攻略
し、この地方一帯を平定するとともに、地名を「岐阜」と改称。城も岐阜城とし、山頂に居住屋敷、
山麓に居館を設けるなど、天下統一への足掛かりに相応しい城へと改修します。

天正3年(1575年)に信長が安土城に移ってからは、織田信忠(信長の長男)、神戸信孝(信長の3男)、
池田元助(豊臣秀吉の家臣、池田輝政の兄)、池田輝政(後の姫路城主)、豊臣秀勝、織田秀信(信長の孫)、
と城主が変遷。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍についた、かつての城主池田輝政などに攻められ
開城。翌慶長6年(1601年)に徳川家康が廃城を決め、天守や櫓等が加納城に移されてしまいました。

現在、昭和31年に再建された天守が山頂にあるほか、ごく一部ながら石垣が残っています。
また、麓の織田信長の居館跡は巨石列や石垣が残っていて、建物のほかに庭園や池などもある、
かなり大規模なものだったようです。今も発掘調査が続けられています。

それでは、岐阜城に向かいましょう。下の写真は麓にある岐阜公園です。ここでも桜は満開でした。
ただ、残念ながら前夜からの雨がまだ止んでませんでした。
IMG_0631(1).JPG


山頂の城址には麓から歩いて登る、という選択肢もありますが、往復1,080円の金華山ロープウェー
を利用するのが便利です。このロープウェーですが、平日の朝ということもあって、私は往復とも
乗客は自分だけ、でしたが、その前後に団体客が到着した際には満員になってました。
ロープウェーからの景色も楽しむなら、乗車するタイミングはよく見た方が良いですね。

ロープウェーを降りてすぐにあるのが、この「天下第一の門」です。岐阜城の遺構ではなく、信長の
偉業を称えて、現代になって建てた門です。
IMG_0591(1).JPG

ここが、伝 一ノ門跡です。倒れた巨石や、右手に石垣の一部が残っています。
IMG_0595(1).JPG

そして、伝 二ノ門跡です。前夜からの雨や気温の影響で、この日の金華山の山頂付近は、かなりの
深い霧でした。
IMG_0599(1).JPG

二の丸(下台所)跡です。
IMG_0602(1).JPG

二の丸から本丸へと続く道で見た復興天守。霧に包まれていて、ほとんど見えません。
IMG_0603(1).JPG

天守台の石垣。
IMG_0604(1).JPG

天守。霧に加えて、生い茂った樹木も邪魔で、全体をきれいを見ることが出来ません。
IMG_0605(1).JPG

本丸下の石垣。
IMG_0606(1).JPG

角度を変えて、天守をもう1枚。
IMG_0607(1).JPG

本丸と二の丸の間の通路に脇に残る石垣。城内でもっとも石垣がよく残っている場所です。
IMG_0608(1).JPG

石垣の近くにある井戸跡。
IMG_0610(1).JPG

ここからは、信長の居館跡の写真を数枚。ここは、館の入り口です。通路の両脇に巨大な石が
並んでいます。
IMG_0619(1).JPG

石垣と水路。
IMG_0612(1).JPG

館へと続く通路。
IMG_0615(1).JPG

このあたりは、発掘調査中です。
IMG_0622(1).JPG

更に、4枚。庭園が6か所あったことが分かるなど、かなり大規模な居館で、水路が至るところに
巡らされていたようです。
IMG_0624(1).JPG

IMG_0626(1).JPG

IMG_0629(1).JPG

IMG_0630(1).JPG

ここで城址を離れ、城下にある岐阜城の遺構を2か所訪ねてみました。

岐阜公園からすぐのところにある妙照寺には、岐阜城から移築されたと言われている山門があります。
ちなみに、この妙照寺のある場所は、斎藤氏の時代には竹中半兵衛重治の屋敷があったそうです。
IMG_0585(1).JPG

同じ市内にある法華寺の山門も、岐阜城の城門を移築したものと言われています。
IMG_0589(1).JPG

ご参考までに、法華寺の境内。桜がきれいに咲いていました。
IMG_0588(1).JPG

こうしてみると、維新まで続き、江戸時代に何度も整備された近代城郭も迫力があって見どころ
がありますが、岐阜城のように戦国時代の終わりまでに廃城になってしまった、野面積みの石垣の
残る古い城も、ロマンがありますね。むしろ、激しい戦いに敗れた悲しい歴史を持つ、こうした城郭の
方が、想像力をかきたてられて、面白いのかもしれませんね。

次回は、岐阜城とは比較にならないほどの悲劇の歴史をもつ、滋賀県の小谷城について、記事にする
予定です。
タグ:稲葉山
nice!(52)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 52

コメント 1

hanamura

素晴らしい石垣と、天気!私(雨男)にピッタリ!
修復中(?)の箇所が、きれいになるといいです。
by hanamura (2017-05-09 06:45) 

トラックバック 0