So-net無料ブログ作成

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」(その①) [鉄道]

1か月も前のことですが、5月27日に、この時期恒例の「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」
の車両センター会場に行ってきました。

今年は、JR発足30周年ということで例年以上に盛大なイベントになるようでしたし、開場の30分前に並んでも入場できるのは開場の20分後、という昨年までの経験も踏まえ、開場(9:30)の1時間前には
現地に到着しました。ところが、すでにその時点で、開場を待つ人の列は約300m、最後尾は大栄橋(西)
交差点の近くまで来てました。その後も行列はかなり伸びたのでしょう。開場は結局、20分早まり
ました。来年は、1時間半前には現地に着くようにしようかな...

まぁ、つまらない前置きはこの辺りまでにして、会場内の様子をお伝えしたいと思います。
IMG_1280(1).JPG


会場に入ると同時に、試乗会の乗車券配布場所へと向かう方、車両部品販売のコーナーへと急ぐ
方、小さな子供を連れてミニSLなどに並ぶ方、など人それぞれ目指す方向が違うわけですが、
私の場合は、毎年、混雑前の車両展示広場に向かうのがお決まりのパターンです。

今年の展示車両は、国鉄色の機関車が3両、JR東日本のEF65 501とJR貨物のEF65 2139、それに
JR東日本のDD51 842でした。こういったイベントでしか見ることのできない、貴重かつ豪華な
並びです。
IMG_1159(1).JPG

場所を少し変え、時間を変えて、もう1枚。
IMG_1268(1).JPG

角度を変えて、ほぼ真横から。
IMG_1164(1).JPG

逆エンドでも同じように横から。
IMG_1260(1).JPG

お召し列車牽引機のDD51 842。
IMG_1258(1).JPG

EF65 2139はJR貨物30周年のヘッドマーク付きです。
IMG_1160(1).JPG

逆エンドにもヘッドマークが。
IMG_1166(1).JPG

EF65の500番台では最後の1両である501号機。
IMG_1173(1).JPG

IMG_1161(1).JPG

EF65の並びをもう1枚。
IMG_1263(1).JPG

今回のふれあいフェアは、来年4月から栃木県内で開催される大型観光キャンペーン「本物の
栃木」デスティネーションキャンペーンのPRも兼ねていて、そのためか、栃木県内を走る車両
EV-E301系も展示され、また試乗列車には新宿と東武日光・鬼怒川温泉を結ぶ特急用の253系が
使用されました。

こちらは、栃木県内の宇都宮~烏山間を走る、EV-E301系「ACCUM」です。
IMG_1168(1).JPG

そのEV-301系の横を試乗列車の253系が通り過ぎていきます。
IMG_1253(1).JPG

253系はさらに、EF65を脇を通り過ぎ、
IMG_1265(1).JPG

10分後に戻ってきました。カメラを向ける鉄ちゃんたちに、乗務員が手を振ってこたえてました。
IMG_1266(1).JPG

別のエリアには、もう1両展示されてました。DE10 1557です。国鉄型ディーゼル機関車DE10
形式の全検は最終ということですから、引退する日も遠くはない、ということなんでしょうね。
IMG_1200(1).JPG

DE10に掛けられていたヘッドマークをアップで。
IMG_1201(1).JPG

屋外に展示されていた車両は以上です。次回は、構内にいた車両の様子を記事にする予定です。
nice!(54)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 54

コメント 0

トラックバック 0