So-net無料ブログ作成
検索選択

(日本100名城)名護屋城址へ [九州]

8月16日、佐賀唐津市にある名護屋城址に行ってきました。

名護屋城は、豊臣秀吉が朝鮮出兵(文禄・慶長の役)という、愚かな企てを実行するための
拠点として、天正20年(1592年)に築かれた城です。城の広さは17万㎡に及び、大阪城に
次ぐ大規模なものでした。
秀吉が亡くなるとともに戦争は終結し、名護屋城は廃城となりました。
IMG_1458(1).JPG


それでは、名護屋城址の様子をご覧ください。こちらは、正面入り口にあたる、大手口です。
IMG_1447(1).JPG

大手口の脇にある櫓台。
IMG_1450(1).JPG

長屋建物跡です。奥に見えるのが東出丸の石垣です。
IMG_1451(1).JPG

東出丸。
IMG_1453(1).JPG

三ノ丸。正面に見えるのが、城内最大級の枡形虎口である本丸大手門跡です。
IMG_1454(1).JPG

本丸大手門付近の石垣。大手門は伊達政宗に与えられ、仙台城に移築されたと言われています。
IMG_1456(1).JPG

本丸。
IMG_1457(1).JPG

天守台。高さ約30mの5重天守が建てられたそうです。
IMG_1460(1).JPG



天守付近からの眺望。玄界灘に浮かぶ加部島や、加部島へと渡る呼子大橋が見えます。
IMG_1459(1).JPG

IMG_1463(1).JPG

こちらも天守からの眺望。左手前が遊撃丸です。小さな2つの島の向こうには、遠く壱岐島
も見えます。ここから、秀吉も、朝鮮半島へと向かう船を眺めていたのでしょうか。
IMG_1461.JPG

本丸の西側、多聞櫓付近の石垣です。右側に二ノ丸があります。石垣は城の機能をなくすため、
江戸時代になって、部分的に、V字状に破壊されています。
IMG_1462(1).JPG

本丸北門付近。
IMG_1464(1).JPG

上山里丸の水手口の石垣。
IMG_1467(1).JPG

遊撃丸の北側の石垣。
IMG_1468(1).JPG

石垣に囲まれた遊撃丸。
IMG_1470(1).JPG

天守台の石垣。一部しか残っていません。
IMG_1471(1).JPG

二ノ丸。
IMG_1469(1).JPG

弾正丸の搦手口の石垣。弾正丸は、浅野弾正少弼長政(秀吉妻の義弟)の曲輪と言われて
います。
IMG_1474(1).JPG

伝馬場。
IMG_1476(1).JPG

伝馬場の南側の石垣。一部分が破却されてます。
IMG_1475(1).JPG

三ノ丸の南西櫓台。巨石(鏡石)が埋め込まれています。
IMG_1477(1).JPG

本丸の三ノ丸側の石垣。この辺りも壊されています。
IMG_1478(1).JPG

最後にもう一度、東出丸。石垣がV字状に壊されているのが分かります。
IMG_1479(1).JPG

名護屋城の周辺には、全国から集まった大名たちの陣跡が点在しています。160もの大名が
集まったと言われ、そのうち130の陣跡が確認されているそうですが、大半が私有地内にあり、
見学できるのは一部にとどまります。
今回は、時間が足りなかったのと、地図を確認して行っても、実際にどこにあるのかが、分かり
にくかったりしたのとで、数か所を訪ねただけに終わりました。
こちらは、波戸岬の近くにある、島津義弘陣跡です。
IMG_1480(1).JPG

北条氏盛の陣跡。案内板の左に見えるのは、旗竿石です。
IMG_1485(1).JPG

そして、徳川家康の陣跡。
IMG_1497(1).JPG

ここは陣跡を含めてじっくり訪問するなら、丸一日あっても足りないくらいかもしれません。
またいつか、再訪してみたいです。
nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 51

コメント 0