So-net無料ブログ作成
検索選択

(日本100名城)宇和島城へ [四国]

今回ご紹介するのは、(間があいてしまいましたが)3月4日に、松山城に続いて訪れた宇和島
です。
宇和島城は、築城の名人藤堂高虎が慶長元年(1596年)から6年間かけて築いた平山城で、その後
富田氏を経て慶長19年(1614年)に伊達政宗の長男の伊達秀宗が入封。2代藩主の宗利が寛文2年
(1662年)から寛文11年にかけて改修しました。
宇和島城には、寛文6年(1666年)に建てられた天守が現存していますが、櫓や城門は大半が明治期
になって解体され、残っていた大手門も太平洋戦争の際の空襲により焼失してしまいました。
現在は、天守のほか、南登城口から天守に至るまでに7つあった門うちのの1つ、上り立ち門と、
家老屋敷の残っていたものを三之丸跡に移築した桑折氏武家長屋門が当時の建築物として残って
います。


こちらが、三丸側の登城口にある桑折氏武家長屋門です。家老桑折家屋敷地に残されていたもの
を、昭和27年に現在の位置に移築したものです。
IMG_0119(1).JPG

続きを読む


nice!(50)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域