So-net無料ブログ作成
検索選択

(日本100名城)新発田城へ [甲信越]

3月25日、SL村上ひな街道号などを新発田市内で撮った後、同じ市内にある、日本100名城の
一つ、新発田城に行ってきました。

新発田城は、元々、新発田氏が本拠とし、上杉景勝によって天正15年(1587年)に落城した旧新発田
城跡に、豊臣秀吉の命により慶長3年(1598年)入封した溝口秀勝によって築かれました。ただし、
完成したのは、秀勝の入封から56年後の承應3年(1654年年)、3代宣直のときでした。

新発田藩はこのまま、溝口氏が藩主のまま幕末を迎えることになるのですが、秀吉の時代に入封、
築城し、そのまま転封や廃絶されることなく幕末を迎えたというのは、外様大名としては比較的
レアなケースではないでしょうか。

城内には、櫓が11棟、主な門が5棟ありましたが、大半が取り壊され、堀も大部分が埋め立てられ
ました。現在残っているのは、表門と旧二の丸隅櫓、本丸石垣と内堀の約半分、旧土橋門付近の
土居のみです。
IMG_0308(1).JPG

続きを読む


nice!(53)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域