So-net無料ブログ作成
検索選択

諏訪 高島城へ [甲信越]

既に1か月が経過してしまいましたが、先月、諏訪にある高島城址を訪れました。
諏訪高島城は、天正18年(1590年)、当時の諏訪領主諏訪頼忠が徳川家康の関東転封に従って
武蔵国に移った後、諏訪に転封した、豊臣秀吉の家臣日根野高吉が、文禄元年(1592年)から
慶長3年(1598年)まで7年ほどかかって築きました。
(それまでの旧高島城は、北方にある茶臼山にあったそうです。)
当時は、城の際まで諏訪湖の水が迫り、湖上に浮いて見えたことから、別名「諏訪の浮城」と
呼ばれました。
1601年(慶長6年)日根野氏は下野国壬生藩に転封となり、関ケ原の合戦で東軍に属した諏訪頼水
が2万7千石で旧領諏訪に入封。以後、10代藩主忠礼に至る270年間、諏訪氏の居城となりました。
IMG_0209(1).JPG


800px-View_of_lake_Suwa.jpg
葛飾北斎 景勝奇覧 信州諏訪湖)

続きを読む


nice!(67)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

(日本100名城)高遠城へ [甲信越]

先月、桜の名所として知られる、日本100名城の一つ、高遠城に初めて行ってみました。

高遠城は、三峰川と藤沢川の間にある丘の上に築かれた平山城で、古くから諏訪氏一門の高遠氏
の居城でした。その後、武田氏の勢力下になり、天文16年(1547年)に拡張改修されました。
この改修を指揮したのが山本勘助と言われているそうです。
江戸時代になると高遠藩の藩庁となり、京極氏・保科氏・鳥居氏と城主が交代します。そして
元禄4年(1691年)内藤清枚が3万3千石で入封し、以後、高遠城は内藤氏8代の居城として明治
維新を迎えました。
明治時代になり、建物は払い下げられ、堀の一部が埋め立てられてしまいましたが、今も各
曲輪を囲む広大な空堀は残っているなど、戦国時代の重要な拠点だった様子を今もうかがうこと
が出来ます。

それでは、城内の写真をご覧ください。
大手門跡の石垣
IMG_0184(1).JPG

続きを読む


nice!(72)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

信州 長野へ(松代城編) [甲信越]

信州長野の記事の最後は、日本100名城の1つ、松代城です。

松代城は、永禄3年(1560年)ごろ、武田信玄が築城しました。当初は海津城と呼ばれ、川中島の戦い
の舞台となります。その後、織田信長の家臣や上杉景勝の武将が入城するなど、城主はめまぐるしく交代しました。そそて、元和8年(1622年)に真田信之が上田から松代藩10万石の藩主として移り、
以降、10代250年の間、真田氏の居城となりました。
現存するのは石垣のみですが、2004年に櫓門・木橋・石垣・土塁・堀などが復元されています。
また、城下には、藩校や武家屋敷など、江戸時代の面影を今に伝える貴重な建物が現存していて
いますので、見学の際にはそうしたスポットとセットで見て回ると、松代藩のことをよりよく
知ることが出来ます。
IMG_0184(2).JPG

続きを読む


nice!(73)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

信州 長野へ(善光寺編) [甲信越]

11日、約1400年の歴史を持つ日本を代表する寺院の一つ、善光寺に行ってきました。

善光寺は、仏教が諸宗派に分かれる以前からの寺院で、宗派の別なく宿願が可能な霊場と位置づけ
られているそうです。
宗派はありませんが、天台宗の「大勧進」と25院、浄土宗の「大本願」と14坊によって護持・運営
されていて、住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務めているそうです。

また、女人禁制があった旧来の仏教の中で、善光寺は最初から庶民の寺で、
女性も救うう寺として知られ、お参りすれば誰でも極楽往生できると信じられて、全国から老若
男女が訪れるようになったそうです。
さらには、ご本尊の一光三尊阿弥陀如来様は、欽明天皇十三年(552年)、仏教伝来の折りに百済
から日本へ伝えられた日本最古の仏像といわれています。

それでは、善光寺の境内を歩いてみましょう。
IMG_0136(1).JPG

続きを読む


nice!(69)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

夏の軽井沢へ [甲信越]

先日、日帰りで軽井沢に行ってきました。本来、日帰りで行くところでもないようにも思いますが。
経費節約のため、行きは高崎まで高崎線の普通列車に乗り、高崎から新幹線に乗って軽井沢に9時
46分着。帰りは軽井沢15時2分発の新幹線で大宮まで。そんな行程で、軽井沢には正味5時間の滞在
でしたが、それなりに避暑地軽井沢の雰囲気を味わってきました。と言っても、行った前日の最高
気温は20.8℃、行った翌日は19.8℃だったみたいですが、行った日は27.6℃。東京や埼玉ほどでは
ありませんが、かなりの暑さで、とても避暑って感じではなかったですけど。

こちらは、帰りに撮ったものですが、今回行きと帰りに初めて、E7系新幹線に乗りました。
IMG_5197(1).JPG

続きを読む


nice!(67)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

春日山城址へ ~日本100名城~ [甲信越]

1か月以上も前ですが、日本100名城の1つ、新潟県の春日山城址に行ってみました。
春日山城、言わずと知れた、上杉謙信の居城。
築城時期は定かでないようですが、天正年間(1504~1521)に長尾為景により城砦化されたそうです。
慶長3年(1598年)に、上杉家の会津への転封により堀秀治に引き継がれ、その後堀氏が慶長12年
(1607年)直江津港近くに福島城を築城して移ったため、春日山城はその運命を終えました。

では、春日山城址の今を、ご覧ください。
IMG_9859(1).JPG

続きを読む


nice!(73)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

高田城址 ~日本三大夜桜~ [甲信越]

19日、仕事で新潟(市内)に行く機会があり、ここまで来たらついでに、ということで、1年前から弟夫妻が
住む上越市に向かい、直江津で一泊してきました。

(鉄ネタは改めて記事にしようと思いますが)新潟から直江津はかなり遠く、17時4分新潟発の快速くびき野
4号に乗って、直江津到着が18時59分。東京~新潟間とほぼ同じくらい時間を要しました。
直江津の駅の近くで弟と夕飯を済ませた後、向かったのが、京都の円山公園、長崎の丸山公園とともに、
日本三大夜桜で有名な高田公園のある高田城跡。

まずは、ライトアップされた夜の高田城跡をご覧ください。こちらは、93年に復興された三重櫓です。
P1010643(1).JPG

続きを読む


nice!(70)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「日本三名園」偕楽園 [甲信越]

既に、東京をはじめ首都圏の桜もピークを過ぎ、そろそろ散り始めたこの時期に、梅の話も遅すぎ
かもしれませんが、先日(3月25日)、新型特急E657系の撮影を兼ねて行ってきました、日本三名園の
1つでもある、水戸の偕楽園の様子を紹介させてください。
001.jpg

続きを読む


タグ:水戸 偕楽園
nice!(49)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

信州 高峰高原へ [甲信越]

かなり時間が経ってしまいましたが、14日の日曜、家族そして親戚と共に、珍しく山を登って
きました。山登りと言っても、それほど大したものでもなく、24時間テレビの立木早絵ちゃんには遠く
足元にも及びませんが、小さい子もいる家族で手軽に楽しむにはちょうど良いかな、というレベルです
ので、機会がありましたら、是非、お試しください。

その山ですが、長野県と群馬県の県境にある浅間連邦の1つ、高峰山です。標高は2091.6m。
と言っても、スタート地点の車坂峠の標高が1,973mですから、標高差は120m弱。それを約40分で
登ります。

まずは、車坂峠付近にある高峰高原ホテルの裏手の駐車場に車を停め、下の写真の通りの鳥居を
くぐるところから、登山は始まります。
001.jpg

続きを読む


nice!(47)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

信州 上田城へ [甲信越]

8月13日(土)~14日(日)、お盆休みのピークのさなか、家族と1泊2日で信州に行ってきました。

13日は埼玉県蕨市にある自宅を6時に出発。混雑を避けるため川越ICまでは、国道296号~17号~
463号~254号~16号と一般道を利用。川越ICから松井田妙義ICは高速道を利用。途中花園までは
相変わらずの渋滞。松井田妙義ICから国道18号を走って、軽井沢駅前アウトレットに着いたのが
9時15分。混んだとはいえ、まぁまぁの時間での到着でしょうか。
そして午後、上田まで行き、日本100名城の1つ、上田城へ行ってきました。

上田城は、元々は真田昌幸が1583年に築城したものですが、関が原の合戦後には一度は破壊され
てしまいました。今の城址は、真田氏の後に、上田藩主となった仙石忠正が1620年代に再興したもの
です。
二の丸跡にある駐車場に車を停め、本丸へと向かうと、まず最初に見えてくるのが、この、東虎口櫓門
です。平成6年に復元された、比較的新しい門です。
001.jpg

続きを読む


nice!(59)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域