So-net無料ブログ作成
検索選択

特別名勝 兼六園へ [北陸]

北陸ツアーの最後は、兼六園です。
兼六園は、江戸時代を代表する池泉回遊式大名庭園で、岡山の後楽園、水戸の偕楽園とともに、
日本3名園の一つと言われています。もともと金沢城の外郭として城に属した庭で、5代藩主前田
綱紀によって、蓮池門の辺り、今の瓢池周辺に造られました。これが兼六園の前身の蓮池庭です。
宝暦9年(1759年)の金沢大火で、蓮池庭も一部焼失し、荒廃しましたが、安永3年(1774年)11代の治脩が翠滝や夕顔亭を、安永5年(1776年)には内橋亭を作り、庭園は一段と眺めが良くなります。
文政5年(1822年)には12代の斉広が千歳台に壮大な竹沢御殿を建て、庭園を回遊式にしました。
この時、斉広から請われた幕府の老中松平定信が「兼六園」と命名したそうです。斉広の死後、
竹沢御殿は取り壊されますが、13代の斉泰が霞が池や永螺山を作り、今見る兼六園の形になりま
した。
廃藩後は一般開放され、大正11年に名勝に指定。昭和60年に特別名勝の指定を受け、今に至って
います。
IMG_0214(1).JPG

続きを読む


nice!(59)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

日本100名城 金沢城(建築物編) [北陸]

加賀100万石の城、金沢城は、天正8年(1580年)、加賀一向一揆の拠点に佐久間信盛が築いた
ところから、歴史が始まります。天正11年(1583年)には前田利家が金沢に入り、金沢城を近世
城郭へと改修します。天守閣は慶長7年(1602年)、落雷により焼失し、その後再築されません
でした。宝暦9年(1759年)には金沢大火により金沢城も全焼。更には、明治14年(1881年)に
兵営からの失火で二の丸などが全焼し、塁上に建ち並んでいた雄大な櫓群は石川門と三十間長屋
のほかはすべて灰となってしまいました。

ただ、城内に昭和24年に開学した金沢大学が平成7年に移転して以降は、金沢城公園として整備
が進められていて、菱櫓、五十間長屋、橋爪門、河北門などが復元されるなど、かつての姿を
取り戻しつつあります。

まず、これが、以前は金沢城の正門としても利用された「石川門」。櫓と櫓を長屋でつないだ重厚
な枡形門の構造です。左が石川櫓、真ん中が一の門(高麗門)、右が二の門です。
IMG_0239(1).JPG

続きを読む


nice!(58)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

日本100名城 金沢城(石垣編) [北陸]

もう少し早めに記事にするつもりが、結局、大晦日になってしまいました。中途半端な感じで
年を越しますが、来年もよろしくお願いします。

さて、先月、日本100名城の1つ、加賀100万石の金沢城にも行ってきました。

金沢城は、前田利家の入城後に本格的な石垣づくりが始まり、場所に応じて、特殊な技術やデザ
インが工夫されたこと、何度も修築が繰り返されたことなどから、多様な種類の石垣を見ること
ができ、「石垣の博物館」とも言われているそうです。

そこで、今回はまず「石垣編」として、金沢城で見られる石垣の写真を紹介したいと思います。

まずは、有名な三の丸石川門の脇の石垣です。
ちなみに、金沢城と言えば石川門を連想しますが、その石川門、正門ではなく、あくまでも搦手
(裏口)門なんですよね。
IMG_0240(1).JPG

続きを読む


nice!(46)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

小松城(石川県)へ [北陸]

先月、丸岡城に行った帰りに、小松城にも寄ってきました。

小松城は、天正4年(1576年)、加賀一向一揆方の若林長門守によって築かれたといわれ、その後
柴田勝家に攻められ、その柴田家から前田利家が受け取ったそうです。秀吉の時代には、村上氏、
丹羽氏が居城し、慶長5年(1600年)からは前田氏の有するところとなります。
その後、元和元年(1615年)に一国一城令で廃城となるものの、寛永17年(1640年)加賀藩主
前田利常の隠居城という名目で再築されます。沼地を利用した平城で、川の水を引き入れた堀の
中に、8つの島(郭)が設けられ、城の面積は金沢城の倍近い56万㎡という大規模なものでした。

その大規模な小松城ですが、現在、城跡には、本丸の一部に天守台と内堀の石垣が残るのみです。

こちらが、その天守台の石垣です。以前は石段を登って、天守台の上に行くことが出来たのですが
今では残念ながら立ち入り禁止になってます。
IMG_0365(1).JPG

続きを読む


nice!(57)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

日本100名城 丸岡城(福井県)へ [北陸]

先月、福井県坂井市にある、丸岡城に行ってきました。
丸岡城は、天守が現存する城址の1つで、日本で最古の現存天守閣と言われています。

築城は天正4年(1576年)。柴田勝家の甥、柴田勝豊によって築かれました。
勝豊以降は、安井家清、青山氏、今村盛次、本多氏4代、有馬氏8代を経て明治維新を迎え
ました。

こちらがその、現存する二重三階の天守閣です。
IMG_0336(1).JPG

続きを読む


nice!(59)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

【日本100名城】七尾城へ [北陸]

前回と前々回の記事で、富山への出張の際に、「トワイライトエクスプレス」や「北越」など
撮り鉄してきたことはお伝えしましたが、その際に、更に足を伸ばして、石川県七尾市にある、
日本100名城の1つ、七尾城にも行ってきました。真の鉄道ファンであれば、そんなものには
目もくれず、3週間後になくなる北陸の特急を、立山連峰などとからめて撮り続けるんだと思い
ますが、中途半端な「鉄」の私は、簡単には行けない地に行くと、どうしても城や史跡をも
訪ねたくなってしまうんですよね。大して、歴史に通じてるわけでもないのに。

いずれにせよ、七尾城に行ってきたんです。七尾城は、能登国守護畠山氏の居城です。能登畠山氏
は、足利一門の有力家臣であった畠山基国の次男満慶が応永15年(1408年)に畠山氏が治めていた
四分国のうち能登一国を割いたことをはじまりとするそうです。その後、七尾城が落城する天正
5年(1577年)まで、169年間にわたり、能登畠山氏がこの地を治めました。当の七尾城は、戦国
時代初期の永正~大永年間(1504~1528年)ごろの築城で、標高300mの山に築かれた、かなり
大きな規模の城です。加えて、多数の屋敷地が集結するなど、軍事。政治の拠点だけでなく、生活
の拠点でもあった「都市」機能を併せもつ、極めて貴重な山城、ということです。
畠山氏のあと、前田利家、そしてその子の前田利政が入城するも、既に山城の時代ではなく、すぐ
に拠点を移したため、天正17年(1589年)には廃城になってしまいます。

写真は、本丸北の駐車場です。車では進入できないほどの積雪のため、果たして、城に登れるのか
不安になりました。
IMG_0539(1).JPG

続きを読む


金沢~富山 (金沢城と富山城) [北陸]

26日、今度は、金沢⇒高岡⇒富山、と日帰りで出張してきました。

まずは、仕事の後のちょっとした時間を利用して、金沢城を見学。
前回、といっても去年ですが、この時はほとんど時間がなく、三の丸と
石川門くらいしか見てないけど、今回は多少余裕があったので、二の丸
そして本丸まで行くことができた。
下の写真は、平成13年に復元された菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓。
白塗の塀が加賀百万石に相応しい、美しさを兼ね備えた立派な威容、
というところでしょうか。
金沢城2.jpg
こちらは重要文化財の三十間長屋。
金沢城3.jpg
そして、鶴の丸広間の庭園からの眺め。
金沢城4.jpg

その金沢城、世界遺産登録を目指し、あるいは、新幹線の延伸を睨んで、
河北門の復元事業が進んでいました。どこの城跡へ行っても、復元事業が
さかんですが、果たして、その効果はいかに。
金沢城1.jpg

この日の昼食は、兼六園の近くにあった、茶寮 曲水宴という店で食べた、
金沢名物 じぶ煮丼。鴨肉入りの、'和風’中華丼、といったところでしょうか。
それでも何となく、古都らしい感じがしましたけど。
昼1.jpg
(曲水宴)
昼2.jpg
(じぶ煮丼)

続きを読む


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

丸岡~小松 (小さな古城を訪ねて) [北陸]

14日、今度は福井へ。

この日は、11時10分に小松空港に到着するANA753便に搭乗。
帰りが15時45分小松空港発のANA756便。福井での打合せが13~14時。
いつもなら、小松空港から路線バスでJR小松に行き、そこから特急列車に乗って
福井に出るか、空港から福井駅に向かう高速バスに乗るのだけど、今回は
非常に時間がタイトだった。というのも、福井から戻って、18時から磯子でのお通夜に
出席する必要があったため。

で、今回は小松空港でレンタカーを借りることに。レンタカーなら、空港から福井市内
まで、45~50分もあれば着ける。また、レンタカーだと、電車やバスと違って、行動範囲
が拡がる。
ということで、行きは、時間のない中で、高速を1つ手前の丸岡ICで降り、丸岡城跡に
ちょっとだけ立ち寄ることにした。

この丸岡城、福井県坂井市丸岡町の小高い丘の上にある、こじんまりとしたお城で、
現存する天守閣では最古のものという。戦国時代中期の1576年に築城されたもので、
戦国末期~江戸初期に建築された豪華絢爛な天守閣とは趣きの異なる、戦闘のみを
意識して作られたシンプルな構造の天守閣、という感じがした。
よくぞ、この小さな町の小さな城が、400年以上もの間、大雨・地震や火事や戦争の
被害に遭わず、明治維新後の様々な制度変更の影響を受けることなく、その姿を
現代にまで伝えることができたものだと、つくづく感心してしまう(厳密には、昭和23年
の福井大地震で倒壊し、その後修復されているが)。
この丸岡城、天守閣とその周辺の石垣以外に残る遺構はなく、見所まさに天守閣のみ
で、見学するのにそう時間はかからなかった。

丸岡城.jpg
(丸岡城天守閣)

丸岡城2.jpg
(別の角度からもう一枚)

丸岡城3.jpg
(屋根の上のしゃちほこ)

帰りは、ガソリンを入れ、レンタカーを返却する時間を考えると、行きより更に
時間がなかったのに加えて、雨が強くなってきたので、そのまま空港に戻る
つもりだったけど、小松ICを降りたところで、カーナビの地図に表示された
「小松城」の文字が目に入り、これがどうしても気になって、本当にちょっとだけ
寄ってみることにした。

小松城は、かなり古い時代からあったものを、前田家の隠居城として、17世紀
半ばに改修され、それが、明治維新まで残ったという。当時は、金沢城の倍近い
56万㎡に及ぶ広大な敷地と、その30%を占める水堀があって、「小松の水城」
と呼ばれていたそうである。ただ、明治以降、土地の売却や埋め立てが進み、
今では、わずかに残った本丸櫓台の石垣と、二の丸外周の石塁の一部が、
往時を物語るのみである。おそらく、地元の人すらもほとんど見向きもしない、
忘れられてしまったような存在ではないか、そんな気のする、淋しい城跡だった。

小松城1.jpg
(小松城本丸の石垣)

小松城2.jpg
(同上)

おそらく、ここで時間を要したのは10分程度。もちろん、帰りの飛行機には
十分間に合った。

このところ、出張に行くと、城跡ばかり訪ねている。次の機会には、もうJ少し
景色の良い場所や、美味しいものを食べられる店などに寄ってみよう、などと
考えながら、小松空港を後にした。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

福井 (福井城の現状と新幹線建設) [北陸]

18日から19日にかけて、福井を訪問した。
この日の福井市内は、前週末に降った、今年一番の大雪によって、どこへ行っても
雪景色という、そんな「風情ある」状況。北陸地方を訪れるには、“らしい”情景を見ることが
できる、ちょうどいいタイミングだったかもしれない。

とはいえ、今回も仕事での訪問であり、かつ今回は、私の勤務先の社長に同行する、という
全く自由のきかない出張であったことから、いつものように市内を散策して回る、という時間は
非常に限られてしまった。

そんな中、街の中心部にあり、また、その日宿泊する予定のホテルから近い福井城跡には
2回ほど足を運ぶことができた。

この福井城、もともと徳川家康の次子結城秀康の時代、越前68万石に相応しい居城として
建てられた城で、当時は5重の堀と石垣、十基の櫓、43棟の城門、そして姫路城にも劣らぬ
偉容をもった雄大な天守閣を構える、北陸きっての大規模な城郭だったという。
ただ、残念ながら現在では、本丸の石垣とそれを囲む水掘がかろうじてその面影を残す
のみで、かつ、本丸内には福井県庁舎と福井県警本部が建てられていて、景観としては
非常に淋しく、全国にある有名な城郭の中でも、保存状態の悪い筆頭ではないかと思われる。
加えて、昭和23年に発生した大地震により崩壊。それを昭和58年度に修復した際にも
城郭の特異な工法を無視した修復がなされ、文化的価値が半減したという。
そんな中で、本丸西側にかかる御廊下橋復元事業が行われているが、これもいかにも
中途半端。見た目には、お城を復元した、というより、県警本部への入口を立派なものに
した、としか映らない。全国の城跡を訪ねるのが好きな私としては、県庁舎を移設の上、
謎の多い北の庄城跡の発掘調査と共に、もう少し当時の様子を再現するための思い切った
展開を期待したいものである。

(本丸北側の石垣。雪化粧した石垣が堀に写る)

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

福井 (柴田勝家と謎の銅像) [北陸]

17日から18日で、福井と金沢に行ってきた。

福井では、仕事の間でかなり時間が空いてしまった。天気が良ければ、永平寺か東尋坊、と思ったけど、あいにくの天気だったので、駅周辺をのんびり散策することに。
で、まず目にしたのが、織田信長の家臣として羽柴秀吉と最後に争った柴田勝家の居城「北の庄城跡」。街中に小さくひっそりとたたずんでる感じで、ちょっとした石垣と柴田勝家像と柴田勝家を祀った柴田神社があるだけ。これが有名な柴田勝家の城?って言いたくなるような侘しさだった。よほどの戦国史ファンでないと訪れないかもしれない。
(北の庄城跡)

その後、駅から続く道を歩いていて、福井銀行本店の前あたりで目に入ったのが、奇妙なベンチ。重いかばんを持って歩いてたし、疲れてきてたので、遠くから見えたときは「おっ、あそこにベンチがある」って思ったけど、近くに来てみたら「なんじゃこれ~!」って思わず声を出しそうになった。ベンチには笛を吹く婦人の銅像が腰をかけてて、ほとんど座るスペースなし!これじゃ、ベンチの意味ないだろっ!と思ったね。ベンチも、誰かに座ってもらう為でなく、それ自体もオブジェなのかな、なんて考えたりもしたけど。

てなことを考えながら、道路の反対側に目をやると、なんとそこにも似たような銅像が。思わず、道路を横断し、反対側の銅像も写真を撮ってきた。こっちはサックス(でしょうか)を持って椅子に腰掛ける男性の像。この二つを見たら、もっとあるかと気になって、周辺を捜したけど、他には見つからなかった。これって、何を意味するものなのかな。どなたかご存知だったら、教えて下さい!

そうこうしているうちに時間もなくなってきたので、駅に向かったんだけど、その途中で気になった路面電車が1両あった。もちろん、普通の路面電車なんだけど、よく見ると、バンパー(って言うのかな)がかなりへこんでいるではないか。自動車とぶつかったのか、柱か何かにぶつかったのか分からないけど、ぶつけてへこんだ傷をそのままにしている鉄道って、珍しいのでは。そう思って一応、写真を撮っておきました。運転手さん、安全運転でお願いします。

そうそう、それと福井の中心部しか歩いてないけど、やたらに多いのが、そば屋とソースカツ丼屋。ソースカツ丼は福井が発祥の名物だそうです。ごはんの上にとんかつだけが乗ってて、専用のソースがかかってる。味はまぁまぁです。一度は賞味する価値はありますよ。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域