So-net無料ブログ作成
検索選択

(日本100名城)松山城へ ① [四国]

4日の土曜日、溜まってたANAのマイレージを利用して、日帰り愛媛県に行ってきました。

行きは松山空港9時5分着のANA583便。帰りは松山空港17時20分発のANA596便。
空港でレンタカーを借り、松山城、宇和島城、そして大洲城と、100名城のうち3つの城を
一日で見て来ました。
事前に、松山の観光協会に電話して、この行程に無理がないか聞いてみたところ、「かなり
厳しい。松山から宇和島まで1時間半はかかるので、帰りの便に間に合わないのではないか」
と言われたのですが、滅多に行くこともないので、あえて強行。

結果は、かろうじてセーフ、でした。ヤバかったですけど(笑)
松山城には9時55分過ぎに到着し、11時25分まで滞在。宇和島には12時50分に到着し、13時50分
まで滞在。大洲には14時30分に到着し、15時55分まで滞在。これで悠々16時50分には空港に
着ける、と思ったのですが、松山市内でかなり渋滞にはなり、レンタカーの営業所に着いたのが
17時2分。すぐそのまま、乗ってきたレンタカーで空港まで送って頂き、松山空港に着いたのが
17時7分。いやぁ、危なかった。かろうじて、間に合いました。

朝、空港を出てから夕方戻るまで、3つのお城を訪ねただけで、昼食を取る時間もなし。高速
道路のSA・PAでの休憩もなし。せっかく四国まで来たのに、撮り鉄もなし。それでも、帰りの
飛行機の直前に空港にギリギリに着いたわけで、時間に全く余裕がありませんでした。

愛媛県には、ほかにも、100名城に選定されているお城が、今治城、湯築城とあります。
それを考えると、日帰りで無理して3つも回らずに、一泊して、5つのお城をすべて見て回る
べきでしたね。

さて、最初に訪ねた松山城ですが、連立式の天守をはじめ、櫓、門など現存する建築物も多く、
非常に見どころに溢れたお城ですので、①二の丸周辺、②本丸、③本壇(本丸曲輪)の3回に
分けて、当日の様子をレポートしたいと思います。

まず、これは、三の丸の北堀です。松山城は標高132mの勝山山頂に本丸、中腹に二の丸、山麓に
三の丸を配した、連郭式の平山城です。
IMG_0117(1).JPG

続きを読む


nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

蓮田~東大宮間にて [鉄道]

24日の金曜日、有給休暇を取ることになっていたのですが、特に予定もなく、でも、朝起きたら
とても良く晴れていたので、久しぶりに蓮田~東大宮間で❝撮り鉄❞してきました。
ただ、この日は、晴れていたとは言え、関東地方でも強い風が吹いていました。しかも、北海道
秋田などは前日も強風だったため、貨物列車が北海道・東北からの貨物列車に運休や遅れが出て
ました。
そのせいか、他には誰もいませんでしたので、ゆったりと場所を確保することができたのですが、
とは言え、風は強いし、E231系・E233系以外はほとんど来ないし、物足りない撮影になりました。

まずは、そのE231系。10両編成や15両編成のE231が次々とやってきます。
IMG_0002(1).JPG

IMG_0022(1).JPG

そして、E233系。こちらも、10両編成、そして15両編成が、頻繁に通過していきます。
IMG_0003(1).JPG

IMG_0011(1).JPG

2時間強の滞在の間に、E231系・E233系以外の車両は4回だけ。まず、そのうちの1つが、
東武100系の「スペーシアきぬがわ2号」です。
IMG_0006(1).JPG

次に、EF500-5が牽引する貨物列車、3074レです。
IMG_0010(1).JPG

そして、EF65-2080が牽引する臨配8592。貨物列車があまり来ない中で、広島更新色の
EF65を見ることができで良かったです。
IMG_0015(1).JPG

最後に、EH500-31が単機で。
IMG_0020(1).JPG

とまぁ、こんな感じで、やや物足りなさの残るヒガハスでした。

この時期、花粉症がひどく、どうしても、出掛けることに抵抗があります。
花粉症の人って、とても多いですけど、みんな、どうしてるんでしょうね。。。
タグ:EF65 ヒガハス

鉄道博物館へ(その2) [鉄道]

前回に引き続き、鉄道博物館の展示車両をご覧下さい。前回は、車体が黒または茶色の車両ばかり
でしたが、今回は鉄道が「カラフル」になって以降の車両をご紹介します。

こちらは、国鉄時代の特急型車両の代表格、(485系特急型電車)クハ481-26。その次にモハ
481-61が連結されています。1964年に登場した交直流両用の特急型電車で、「雷鳥」「しらさぎ」
でデビューしました。クハ481の初期車は151系を踏襲したボンネットスタイルが特徴です。
IMG_0667(1).JPG

続きを読む


鉄道博物館へ [鉄道]

今日、約10年ぶりに鉄道博物館に行ってきました。
リニューアルのために模型鉄道ジオラマやラーニングゾーン、てっぱくひろばが閉鎖中ですし、
来年8月には新館のオープンを控えてもいるので、それほど混まないのかと思ってました。
でも、行ってみると、かなりの盛況ぶり。開館の10分前には到着しましたが、かなりの列が
出来ていて、入場できたのは、10時10分過ぎでした。鉄道の人気、なかなかのものです。

館内の車両は、私が紹介するまでもないとは思いますが、せっかくの機会なので、一つ一つ
ご覧いただければと思います。
まずは、ヒストリーゾーン1階の車両展示を2階から見てみました。
IMG_0662(1).JPG

続きを読む


タグ:てっぱく

PC故障のため、休止してましたm(__)m [その他]

すっかり、ご無沙汰をしてしまいました。

この1週間、突然のアクシデントにより、パソコンを使えなくなり、今日、ようやく復活
しました。その間、いつもお越しいただいている皆さまへの訪問もできず、失礼しました。
突然、一週間休止することになった経緯は以下の通りです。

5日の夕方、記事にするネタがないので、フィルム時代の写真でも記事にしようと思い、
この2年ほどはスキャナーを使っていなかったので、セットアップ用のCDでダウンロード
始めたんです。で、ダウンロードも終わり、「PCを再起動してしてください」の指示にした
がって、パソコンを再起動させようとしたところ、いきなり、下の写真の画面になって、そこ
から動かなくなってしまいました。
IMG_0649(1).JPG

上の画面の左下には、「Press Esc」の文字があったので、「Esc」キーを押してみたのですが、
結果は、下の、セットアップユーティリティの画面に切り替わるだけ。
IMG_0652(1).JPG

ここからは、どこを押しても、強制終了して再度電源を入れても、上の2つの画面にしか行きま
せん。
慌てて、NECのサービスセンターに電話し、オペレーターの方の案内にしたがって、色々と操作
してみましたが、起動せず。結局「残念ながら、再セットアップするしかありません。その場合
データは初期化されます」とのこと。
その瞬間、「えっ~!!! まぢかっ~!!!」。いやぁ、ショックでした。
そんなこまめには、バックアップも取ってませんし、画像、メールのほか、住所録、音楽、家計簿
など全て消えてしまったら、取り返しのつかないことになりますよね。
で、それは困る、と言ったら、「日本データ復旧サービスセンター」なるところを紹介されま
した。NECからの紹介だと15%割引になる、という紹介コードとともに。

続いて、その日本データ復旧サービスセンターに電話。PCが急に故障した状況から、おそらく、
データは取り出し可能だということ、障害の程度が軽度なら税抜きで58千円、中度なら98千円、
それにデータを移すためのディスク代がかかる、ということでした。

かなり高くつきますが、そうは言っても、データは必要。会社は神谷町にあるというので、早速、
翌6日の夕方、会社の帰りにパソコンを持ち込み。翌日、診断の結果、軽度だということ、全デー
タの復旧が可能だろう、ということで、午後には正式な見積もりが出ました。
すぐに正式な申し込みをして、代金を振り込みましたので、8日中には作業が完了し、9日発送
10日には無事にパソコンと、データの入った外付けHDが送られてきました。

でも、これで終わりではありません。パソコンの再セットアップも、自分ではできない(再セット
アップ用のディスクを作っていなかった)ため、NECにパソコンを送る必要があります。
その費用が送料込みで15,120円。お金が、まさに飛ぶように出ていきます。

再セットアップを待っていると、さらに1週間はPCを使えませんし、すでに買ってから2年半経過
していたので、そのPCは2台目として使うことにして、昨日、新しいPCを購入。
昨日の午後から今日の午前にかけて、新しいPCへのデータのインポートや、色々なソフトの
インストールを続けてきて、ようやく、写真を加工し、ブログにアップできるだけの環境を
取り戻したところです。

単にスキャナーのセットアップをしようとしただけなのに、かなりの手間と費用がかかって
しまいました。
今回の件で、NECや日本データ復旧サービスセンターの方には色々助けて頂きました。
その際に話を伺ったのですが、今回のような症状はよくあることで、最新のプログラムを
webからダウンロードしていても、起きることがあるそうです。

今回でつくづく、反省しました。もっとまめに、データのバックアップを取りつつ、
月額300円で、データ復旧サービスを無料で利用できるサービスがあるようなので、これも
加入しておこうと思います。
軽度でも5~6万円もかかるなら、月額300円、年間3,600円も、高くはないですよね。


nice!(56)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家族で東京ディズニーセレブレーションホテルへ [TDR]

12月30日、家族4人で、初めて東京ディズニーセレブレーションホテルに泊まってきました
ので、その感想などを。

我が家ではこれまで毎年、夏休みか12月30日に、ディズニーランドホテルやホテルミラコスタに
泊まって、ディズニーリゾートで2日エンジョイしてきました。この10年だと、2007年、2009年、
2010年、2012年、2015年は12月30日に泊まってます(カウントダウンのある31日の夜ではなく、
その前夜の30日の夜に)。その際は、値段は多少高くなりますが、つかの間の贅沢な気分を味わ
おうということで、専用ラウンジの利用や朝食付きといった特典のある、ディズニーランドホテル
ならコンシュルジュ、ミラコスタならスペチアーレ・ルームに泊まってました。

ところが先月は、いずれのホテルも予約を取れなかったことに加え、6月にオープンしたばかりの
ホテルを1度体験してみかたった、ということもあって、東京セレブレーションホテルに泊まる
ことにしました。

東京セレブレーションホテルは京葉線新浦安駅から、まっすぐ東南に向かう道路を2.2kmほど
進んだあたりの道路の両側にあります。
駅の方から見て、道路の右側にあるのが、夢やファンタジーをテーマにした、東京セレブレー
ションホテル:ウィッシュ、左側にあるのが今回泊まった、冒険や発見がテーマの、東京セレブ
レーションホテル:ディスカバリーです。

写真は、夜の東京セレブレーションホテル:ディスカバリーです。
IMG_0539(1)JPG.JPG

続きを読む


成田山初詣臨時列車 [鉄道]

久々に、鉄道に関する記事です。

1月7日、自分にとっては恒例となっている、総武本線四街道~物井間での、成田山初詣臨時列車
の撮影に行ってきました。
この日は年末から続く、穏やかな晴天に恵まれましたが、同じ場所にいたのは、私を含めて3人
だけ。他人のことを気にする必要もなく、1か月ぶりの撮り鉄を楽しんできました。

この日の設定は3列車。まずは、小田原発成田行きの185系B2編成8両で運転された初詣臨。
「団体」の表示でした。
IMG_0619(1).JPG

続きを読む


特別名勝 兼六園へ [北陸]

北陸ツアーの最後は、兼六園です。
兼六園は、江戸時代を代表する池泉回遊式大名庭園で、岡山の後楽園、水戸の偕楽園とともに、
日本3名園の一つと言われています。もともと金沢城の外郭として城に属した庭で、5代藩主前田
綱紀によって、蓮池門の辺り、今の瓢池周辺に造られました。これが兼六園の前身の蓮池庭です。
宝暦9年(1759年)の金沢大火で、蓮池庭も一部焼失し、荒廃しましたが、安永3年(1774年)11代の治脩が翠滝や夕顔亭を、安永5年(1776年)には内橋亭を作り、庭園は一段と眺めが良くなります。
文政5年(1822年)には12代の斉広が千歳台に壮大な竹沢御殿を建て、庭園を回遊式にしました。
この時、斉広から請われた幕府の老中松平定信が「兼六園」と命名したそうです。斉広の死後、
竹沢御殿は取り壊されますが、13代の斉泰が霞が池や永螺山を作り、今見る兼六園の形になりま
した。
廃藩後は一般開放され、大正11年に名勝に指定。昭和60年に特別名勝の指定を受け、今に至って
います。
IMG_0214(1).JPG

続きを読む


nice!(59)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

日本100名城 金沢城(建築物編) [北陸]

加賀100万石の城、金沢城は、天正8年(1580年)、加賀一向一揆の拠点に佐久間信盛が築いた
ところから、歴史が始まります。天正11年(1583年)には前田利家が金沢に入り、金沢城を近世
城郭へと改修します。天守閣は慶長7年(1602年)、落雷により焼失し、その後再築されません
でした。宝暦9年(1759年)には金沢大火により金沢城も全焼。更には、明治14年(1881年)に
兵営からの失火で二の丸などが全焼し、塁上に建ち並んでいた雄大な櫓群は石川門と三十間長屋
のほかはすべて灰となってしまいました。

ただ、城内に昭和24年に開学した金沢大学が平成7年に移転して以降は、金沢城公園として整備
が進められていて、菱櫓、五十間長屋、橋爪門、河北門などが復元されるなど、かつての姿を
取り戻しつつあります。

まず、これが、以前は金沢城の正門としても利用された「石川門」。櫓と櫓を長屋でつないだ重厚
な枡形門の構造です。左が石川櫓、真ん中が一の門(高麗門)、右が二の門です。
IMG_0239(1).JPG

続きを読む


nice!(58)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

日本100名城 金沢城(石垣編) [北陸]

もう少し早めに記事にするつもりが、結局、大晦日になってしまいました。中途半端な感じで
年を越しますが、来年もよろしくお願いします。

さて、先月、日本100名城の1つ、加賀100万石の金沢城にも行ってきました。

金沢城は、前田利家の入城後に本格的な石垣づくりが始まり、場所に応じて、特殊な技術やデザ
インが工夫されたこと、何度も修築が繰り返されたことなどから、多様な種類の石垣を見ること
ができ、「石垣の博物館」とも言われているそうです。

そこで、今回はまず「石垣編」として、金沢城で見られる石垣の写真を紹介したいと思います。

まずは、有名な三の丸石川門の脇の石垣です。
ちなみに、金沢城と言えば石川門を連想しますが、その石川門、正門ではなく、あくまでも搦手
(裏口)門なんですよね。
IMG_0240(1).JPG

続きを読む


nice!(46)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域