So-net無料ブログ作成

(続日本100名城)菅谷館 [関東]

今月初め、埼玉県の嵐山町にある菅谷館跡に行ってきました。

ここは続日本100名城の一つで、鎌倉時代の武士、畠山重忠の居館跡と言われています。
それで今でも「菅谷館」と呼ばれていますが、現在みられる姿は、15世紀後半に山内上杉氏
が築いた菅谷城です。曲輪や空堀は当時のまま残っていますが、築城時期や落城時期などの
詳しいことは調査でもわかっていないようです。

下の写真は、二ノ郭の土塁です。
IMG_0158-1.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

(続日本100名城)杉山城 [関東]

先日、初めて、埼玉県の嵐山町にある、続日本100名城の一つで杉山城に行ってみました。

埼玉県民でありながら、これまでは、それほどの知名度ではなさそうだし、同じ県内とは
言っても自宅から60㎞くらいあるので、行こうと思わなかったのですが、続日本100名城に
選ばれたのを機に行ってみることにしたんです。
で、行ってみた感想は、一言でいうと「これはすごい」でした。
丘の尾根上に10もの郭が配され、その郭の周りを土塁、空堀、そして帯郭が囲む構造ですが、
土塁や空堀などには「折れ」が多用されるなど、いたるところに「横矢掛」が施されています。
結果として、各郭が単純に並んでいるのではなく、ジグソーパズルのように複雑に組み合わせ
たような形になっているんです。

パンフレットによれば、「築城の教科書」「戦国期城郭の最高傑作のひとつ」と評されている
そうですが、それは素人の私でも感じました。ある意味、美しいです。

この杉山城は、城主や築城年代については記録がなく不明でしたが、平成14年からの発掘調査
によって、戦国時代の初めごろに、山内上杉氏が扇谷上杉氏に対抗して築いたものと考えられる
ようになったそうです。
IMG_0072-1.JPG

続きを読む


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

189系「あずさ81号」を撮る [鉄道]

昨日(5月3日)は、いよいよ最後の1編成となってしまった189系を撮りに、中央線の豊田駅
周辺に行ってきました。

まずは、豊田~日野間で、上りの回送列車。新緑の季節には、あさま色の189系N102編成の
塗装がよく調和しますね。
IMG_0188-1.JPG

そして、豊田~八王子間に移動して、本命の189系「あずさ81号」。京浜東北線沿いに住む
私にとっては、1997年までは毎日見ていたあさま色の189系には、特に思い入れがあります。
IMG_0201-1.JPG

ちなみに昨日は、渋滞に巻き込まれて「遅刻」するのを避けるため、初めて電車と徒歩で
この場所まで行ってみたのですが、いやぁ、とにかくよく歩きました(^^)
日野駅で電車を降りて、回送列車を撮った場所までが約15分。あずさ81号を撮った、通称
「トタS」までが約40分。そして帰りに豊田駅まで約20分。暑い中、約75分も歩き、ゴルフ
にでも行ったかのように日焼けしてしまいました(笑)。
おまけに、「トタS」に着いてみると、すでに30人くらいの撮り鉄が来ていて、かろうじて
ポジションを確保できました。

これだけでは、物足りないので、同じ場所で撮った他の車両の写真を何枚か。

まず、E259系。
IMG_0180-1.JPG

次に、E257系。
IMG_0182-1.JPG

EH200が牽引する貨物列車。
IMG_0192-1.JPG

最後に、E257系をもう1枚。
IMG_0197-1.JPG

最後に残った189系、普段は長野地区での運転ですので、あと何回撮れるか分かりませんが、
少なくとも東京までやって来る時は、撮りに行かないと、一生後悔しそうですね。。。
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー